テーマ:寒川神社

ねぶた撤去

新年から2月初旬まで点灯していた寒川神社の新春ねぶた。 いよいよ撤去の日が来ました。 設置した時と同じ重機を使用。 下に降ろした後は数日かけて解体します。 番線で立体的にベースを作ってあり、 その上に紙を張ってあります。 内臓の電球はLEDです。 黄色いトビの背景の細長い…

続きを読むread more

寒川神社 ねぶた飾り付け

近隣の寒川神社。 新春恒例の「迎春神話ねぶた」を神門に飾り付けです。 ねぶたを飾るのは二十回目。 大型の「ねぶた」がトラックで運び入れられました。 最初の天皇とされる神武天皇が即位するまでの神話をモチーフに、 神武天皇と金色の光り輝く大きなトビがモデル。 製作者は、青森ねぶた大賞を受賞する…

続きを読むread more

平成最後の初詣

新年を迎えた1月1日元旦。 毎年、「初日の出前の初詣」が我が家の恒例行事です。            日本で唯一、八方除の守護神としてあらゆる災難を事前に祓い除き、      福徳開運をもたらす「寒川神社」。       車で10分ほどで到着。              初詣の参拝客は約40万人が関東一…

続きを読むread more

2018 新年

年度が替わった新年。 「今年は良い年に成るのだろうか?」    昨年までの自分の身の振る舞い・行動を反省し、    新たな気持ちで新年を迎える儀式。    毎年、祈願に訪れる「寒川神社」様。    「初日の出」を迎える前に祈願をします。    毎年の旬祝行事。    自分の身を清める…

続きを読むread more

2017年 寒川神社 初詣

「初日の出」を拝みに数年間、過ごして来たが。 湘南地域の居住ともあり....... 例年の混雑は耐え切れなく断念しました。 各メディア実況は、神聖を欠いた報道で地域の混乱を増幅。 『イベント気分で来ないで欲しい。』は本心です。    本当は、家族で海岸から海に登る「初日の出」を拝み、    神聖な元日をゆ…

続きを読むread more

新年を迎え。

年末までバタバタと仕事でした.... が、大晦日から新年はゆっくりと過ごせそうです。 『家族と過ごす時間が良い。』 毎年、思う事ですが。 「家族が居る環境」の幸せを痛感させられた昨年でした。 つくづくと、「今の幸せ」をありがたく思います。 「初日の出」と「朝焼け富士」を同時に拝める場所。 数年前から恒例…

続きを読むread more

茅ヶ崎から観る「新春の富士山」

「寒川神社」へ初詣。 隣町の寒川町へは、私の大好きな風景が広がります。 それは.... 平凡でもあり、静かである。 デジタルよりアナログな空間。 「海」も好きだが「山」も好き。 家から徒歩で行ける風景は優雅で有り、 なんか....『ほのぼの』してしまいます。 「富士山」が綺麗だったので 車から降りて撮影しち…

続きを読むread more

最後の「七五三」。

末っ子の「七五三」。 女の子なので、妻や祖母の「気合」が違います。 この日のために、数ヶ月前から準備していた事........ 「寒川神社」は居住地域の守護神。 次女の成長を神様へ奉告し、これからの幸せを祈ります。 平日でも、本殿の祈祷の際に読み上げられる住所を聞くと 遠方からの祈願者も多いのでビックリ!しま…

続きを読むread more