テーマ:住宅

3階へ続く「ステップフロアー」完成。

「誰の部屋にするか?」 この時点では私以外にイメージが湧かない家族。 でも、作業は続けましょ。     「スノコ・フロアー」にします。     床状にしてしまうと、下部リビングが暗く成ってしまう。     それと、空気循環を極力保つ事。     床部スノコに使う材は、縦45・横30mmの栂材で施工。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「3階部屋」建築中。

『大変~!』だけど、楽しい自宅のリノベーション。 地道に。 着々と作業を進めております。    3階部屋へ続く「ステップフロア」。    先に階段を作った方が楽だと考え......    厚さ・幅。    レッドシダー1×材の特殊巾材がシックリ来ましたので加工。    「はしご調」の階段です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リノベーション・2日目

ロフトに連結させるステップフロアー製作。 次の段階に入ります。   前日に設置した「壁面台座」。   これが全ての基本と成ります。   材を全て切り出し、組み立ての準備。   スノコ状の「宙に浮く」感じで仕上げたい。   「接合金物」は構造用のシッカリし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「リフォーム」と「リノベーション」の違いって?

私は新築を含めた双方に携わる仕事をしている。 「リフォーム」=現状建材のリニューアル。 「リノベーション」=居住空間を変える。 簡単な言葉ですが、なかなか難しい計算が要るのです。      施工者と居住者とのイメージはギャップが付き物。      「自分で施工するのが一番」ですが.......      …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エアコンの無い家

気温が35℃の日々が続く。 『我が家にはエアコンが無いんだよ~。』 って言うと、たいていの人はビックリ!    要因の第一、    「環境」です。    周りに森林が多い場所ですので、海風の湿気を取ってくれます。    敷地にも少し、緑を植えてます。 要因の第二は「窓」。    合計…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

毎冬の仕事。

冬は「ペレットストーブ」が我が家の主要。 手間は掛かりますが、かわいい奴です。 煙突掃除はテクニックを要します。 パーソナルで繋がっている煙突は分解掃除可能です。 つまり「経験する事」。 何事も体験無くしては語れない「苦労」。 メンテナンスは大変! 次期の事を考えての「潤滑油」を丁寧にスプレーし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「スエーデン・ドア」をリニューアル     (クリスマスバージョン)

『ズシン!』と重く開閉する木製ドア。 玄関ドアの選択は、スチール製・アルミ製・樹脂製など色々と有りますが、 木製ドアは格段に風合いが違います。 『玄関ドアごときに手間暇かけたく無い。』って方には不向き。 年月に経過と風合い。 楽しみたい方だけの喜びがあります。 が....... 表面塗装(水性)による保護には限…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ペレットストーブ もうチョットとだけ.....メンテ

以前、1回だけトラブルがあった場所です。 燃料庫から燃焼室へ「ペレット」が運ばれる「供給路」。 燃料庫の下部からエレベーターの様に上へ運ばれる仕組みが隠されてます。 4本のビスを外し、カバーを取り除くと.... スパイラルが姿を現します。 モーターでスパイラルが回転し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TV配線処理。

まずは、コンセントからの配線を処理します。 コードが「ブラブラ状態」では、足に引っ掛けたりして危険。 ホコリによる不衛生。 なにより見た目が悪い。 プラスチック材で出来ているコード配線用。 ホームセンターなどの電気コーナーで売られてます。 既に両面テープが貼ってあります。 壁と床の境にある「幅木…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

狭くて暗い.....闇の世界。

恐ろしいタイトルに成ってしまいました。 しかし! 「我が家」を守る為、勇気を持って突入開始です。 住宅の要は「基礎」です。 日本独特の気候による「湿気」があり、恐ろしい「シロアリ」も存在します。 我が家のは基礎下まで降りられる秘密の点検口が存在します。         秘密を見たい方はココから。     …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「神棚」製作。

今年も最後に成りました。 来年へ向け、新たな気持ちでの心構えをします。 新居建設時から模索していた「神棚」。 「お宮」を購入。 幅約70cm 高さ約60cmと大きめです。 実家を解体した際、 和室の欄間や仏壇の「組み木細工」を取り外し、保管してました。 今は亡き「組み木職人」だった叔父が丹誠込めて作…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

イルミネーションの季節。

日没後は、『キンッ!』と冷えた空気の季節です。 「クリスマス」に向け、イルミネーションの準備開始です。 室内は昨年同様、大型FIX窓にツリーライト。 新たに「火打ち柱上」に小型ツリーを配置。 リビングでのスイッチ可動コンセントが有るので、高所でも点灯/消灯操作が可能です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「日の出」が起床時間。

最近の「朝晩」の急激な外気温低下。 空気も冷えている日の出時間帯は、空気中の塵(チリ)の飛散も減少して...... 朝日が眩しい! 強烈な朝日が、家の中全体に降り注ぎます。 東の山頂に存在する樹々のコントラストも美しい。 太陽系に存在する地球。 生命の起源は、「太陽」の存在とされている。 「朝日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本日は「煙突掃除」。

最近、朝晩が冷え込む様になって来ました。 『それそろかなー?』 我が家の唯一の暖房「ペレット・ストーブ」可動準備に入ります。 外気からの空気循環が命。 燃焼による二酸化炭素を屋外に排出し、室内はクリーンな空気です。 排出する二酸化炭素は、ペレット使用のため自然分解される。 ストーブの「命」である煙突を掃除しま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アンティーク・シェルフ。

『子供部屋に「棚」を設置しよう。』 久しぶりに、私の「遊び心」が躍動する。 楽しくなければインテリアでは無い。 子供時代を思い出し、ワクワクする様な「シェルフ(棚)」を作ります。 名付けて「フィッシャーマンズ・シェルフ」。 航海を続ける漁船。 「船室」の片隅に有る様なイメージです。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「ダウンライト」イメチェン!

「ダウンライト」。 吊り下げ式ペンダントと比べ、空間の視覚拡大効果大。 少し昔。 家の主流照明は、天井直付けの蛍光灯が多かった。 「スポット」~「広角」。幅の有る種類で、居住空間や作業性で選べる。 価格も格安。 『新築と同時では無いと施工出来ないのでは?』 良く聞かれる質問。 在来の配線が有れば、天井に約15…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

流木最高傑作。

「木の質」、「形状」、「イメージ」。 数多い我が家の流木達の中でも、満足な仕上がり。 今年の夏は暑かった! 最近の涼しさで、忘れ去られる「夏」。 海を連想させるイメージ。 「浜に流れ着いた流木」を表現しました。 洗濯や洗面、風呂のスペース「PR(パウダールーム)」。 日常…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「アロマポット」で害虫対策。

我が家の害中対策として、 「蚊取り線香」を長年利用している。   ・化学薬品では無く、原料は「除虫菊」。    つなぎで「木の粉末」と「トウモロコシの粉」を使用。   ・香りが好き。   ・ライターやマッチさえ有れば、アウトドアでも活躍。   ・火を使うので、目が離せない。   ・室内使用時には、煙のススが気になる。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「ハーブ・ゼラニュウム」の効果。

「蚊」が嫌がる臭いを発すると言うゼラニュウム。 確かに。 運搬した10分程で、車内は物凄い臭いで充満した。 「ハーブ・ゼラニュウム」2鉢。 「ペラルゴニュウム」1鉢。 大鉢に「寄せ植え」。 雨が当らなく、蚊が侵入して欲しくない場所。 ウッドデッキ上に配置予定。 陽当たりと乾燥を好む植物。 乾…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

我が家の「害虫(蚊)退治法」。

緑が多い土地柄。 色々な虫達と共同生活状態です。 最近は、就寝時の「コオロギ」や「バッタ」達の合唱で癒されてます。 が! どうしても仲良しに成れない害虫たち。 特に「蚊(ヤブ蚊)」に悩まされます。 季節的にアップが遅くなって申し訳ございません....... 「効き目」を模索していたため。 「ハーブ・ゼ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

壁を貫通した「流木」。

我が家に来るお客様達の意見で多いのは.... 『壁が有るんだけど、無い感じがする。』 家の設計段階での間取り。 なぜ?壁で仕切るのかを考えた。 結論は。 『子供が成長する過程のプライベートを守れば、壁は要らない。』 「空気」や「音」、「光」を密閉しないで、「視線」の保護角度を計算すれば良い。 「和室…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

最大級! アート流木。

我が家で、最も大きい「流木」です。 最長約1m40cm。 乾燥状態が良く、重量は片手で持てる位。 山で採取し、車で運搬。 水で皮を剥がし、ワックスで磨く行程。 しかし.....デカっ! 完成し、展示してから大きさに驚いてます。 「自然の落ち木」的なイメージを作り上げてます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「流木ランプスタンド」製作。

和室に「明かりのインパクト」が欲しい。 常日頃から感じてた事。 数々の流木を入手した事で、イメージが完成しました。 和紙と組み木で作ったランプを使用します。 新居に移る前から、大切に愛用している「手作りランプ」。 省エネ電球12w(明るさ60w相当)を使用してます。 直径1.5~2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

流木に生息する「エアープランツ」。

「エアープランツ」とは、地に根付かない植物。 主に岩壁や他の植物の樹に着生します。 南米~中央アメリカを中心に南アメリカなどで分布。 「電線」などにも着生してる例もあるらしい。 日中の高温に耐え、気温が下がる夜に水分を吸う性質。 日本での飼育は室内が原則でしょう。 種類は色々ありま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「漆喰壁」補修。

漆喰を壁に塗って1年が経過した。 冬の乾燥を経て、想像していた現象。 コーナー部の亀裂です。 壁が呼吸していた証拠。 1年経過の満足な出来映え?です。 壁に「ビニールクロス」を貼ると湿度で隅が剥がれたり、 裏にカビが生えたりしてメンテナンスも面倒くさい。 「漆喰」を採用した利点を発揮。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

表札返し。

「表札」は家の顔であり、住む家族のイメージ。 「柔らかい感じ」の物から「固い感じ」まで様々。 我が家に掲げてる表札の製作と同じ技法。 彫刻刀で「浮き彫り」。 手間が掛かるので、大切な方へ(恩を形に変える作業)しか作りません。 「桂材」 表札にしては大きい板です。 迫力を狙います。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

表情が変わる「流木」。

樹は幾何学的な成長をするものだ。 「流木」を観察していると生命の神秘を感じる。 明暗のコントラストは「流木」に命を吹き込む。 選定した「流木」は、『鋭利的な鋭さ』のイメージがある。 シャープな感じを強調しても良いが、温かい色彩を与える。 色付き「ガラスブロック」からの光で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

何の角(ツノ)?

「流木アート」的な物を作ってみたい! 数多い流木を入手出来た「幸運」。 磨きをいれ、床に転がして置くだけで存在感があります。 『壁から「ニョキッ」って感じで設置出来ないか?』 作品名は「The shadow of the corner (角の影)」。 白い壁に流木の影が写り出す。 (昼間は横方…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「流木」処置。

奥秩父で採取し、綺麗な「入川」で渋皮を落とし...... 遂に我が家に運び込みました。 まずはウッドデッキに転がし、出来るだけ乾燥させます。 表面を乾燥させる事で、磨き残しの「皮カス」がポロポロ取れます。 川での「ブラシ磨き」の成果。 樹が生育する過程で出来る「不…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「流木採取」の旅。

情報薄の場所らしい。 地元の「広報」などでも紹介されてないとの事。 埼玉県の奥秩父に住む「大先輩」から情報を頂いた。 関東の水の源「秩父湖」。 管理所の駐車場の一角に山積みされた流木。 好きな人には「宝の山」。 興味が無い人には.......「ゴミの山」。 …
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more