押し出し開閉窓の網戸

我が家には、レバーを押し・引きで開閉する窓が、
大小様々な形で点在する。

最初から「網戸」を設置した物もありますが、
三分の一位の物は設置されてません。

FC08CC87-CCAD-49F8-A752-66C9E192D585.jpeg

開くと言っても、この程度の開きですが、
風通しには欠かせません。

755B9D68-22E2-4138-8F5D-A6C3A43716F4.jpeg

やはり、虫などの侵入。
特に夜は閉めなければなりません。

48C73BFA-0940-41F8-A634-332585A99112.jpeg

そこで、こんな網戸を作ってみました。
仮設置なので、枠に少し隙間があります。

C4EB90F1-585D-4D62-8E6A-175696364EA1.jpeg

枠材に使用したのが「雑巾摺り」と呼ぶ木材。
和室の押し入れや巾木の代わりに使用される材で、
職人が利用する様なホームセンターでも購入できます。

IMG_1314.JPG

6~9mm×3~5mm角で2m位の物が多い。
「雑巾摺り」は相当、建築に詳しい人でないと分からない用語なので、
売り場を聞く時は、店員にサイズを言った方が早いかも知れません。

IMG_1316.JPG

カットには刃入れ用のカッターや軟質材なので、細かい刃ノコが欲しい。

IMG_1315.JPG

枠材の接合は、45度どうしで90度に接合したい。
小口に木工ボンドを付け、固定。

IMG_1310.JPG

ビスは細目の創作ビスなどを使用。
太いビスを使うと木材が割れてしまいます。細い釘でも良い。

IMG_1317.JPG

枠が出来たら、網を貼ります。
市販の網戸用の網を使います。

IMG_1319.JPG

固定はタッカーを打ち付け。

IMG_1320.JPG

タッカー芯の入りが悪い場合はハンマー打ち。

IMG_1311.JPG

網が張り終わったら、枠に合わせてカット。
切り口はライターなどで溶かしておかないと、解れてきます。

IMG_1312.JPG

このタイプは枠で網をサンドするタイプです。
外から見えないのであれば、片枠でも十分です。

IMG_1313.JPG

窓枠に網戸枠ぴったりだと取り外しに苦労しますので、
2mm位、小さく作った方が良いかも。
その分、ゴム製クッションテープを枠外に張れば、柔軟な隙間埋め。
ゴム製だと、滑り止め効果でしっくり固定できました。

IMG_1308.JPG

仮ハメして、必要な場所にクッション材を貼ります。

IMG_1307.JPG



閉じた状態 ↓
IMG_1332.JPG

開いた状態 ↓
IMG_1333.JPG

レバー操作を阻害しない作りです。

小さい開閉窓もちょっと華やかに。
IMG_1323.JPG



和室も少しモダンに。
IMG_1326.JPG

「和紙」で色合いを出してます。

IMG_1327.JPG

色の設定は風水による方角の相性。

IMG_1335.JPG

枠の形は「組木細工」風?

IMG_1322.JPG

窓を彩るだけで家の雰囲気は変貌します。

IMG_1324.JPG


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント