キャンプスタイル変更計画

昨年までは、テントが巨大すぎ、
テントサイトを2箇所必要でした........

先日、購入した「ノースイーグル」のテント。
http://splexmani.at.webry.info/201406/article_5.html
300×300cmで大きいテントの部類に入るが、
「1サイト」で居住空間を作るのがテーマ。
連結できるスクリーン・タープを探してました。





「ロゴス Q-PANEL iスクリーン 3535」です。
今年のモデルで渋いカラーが気になっていた。
『サンゴーサンゴー』と呼ばれるゆとりサイズ。

画像


Yahooオークションサイトで中古~新品まで各種ターゲット。
ロックオンしては最終価格で見送る毎日が約1ヶ月。


格安スタートのオークションストアを監視し、
税込24,300円でゲット出来ました!
(送料は無料でしたが、ヤフー決済手数料 1,312 円がプラス。)
ロゴス製はあまり値引きしないので、
ネットでも安くて43000円位。




ロゴス特有の開閉キャノピーに魅かれた。
夜の山中は冷え込むので、フルクローズに加え、
スクリーン下部のスカートも重要視しました。

画像


しいて言えば・・・・
上部にベンチレーションが無い事。
晴天の日中はタープに熱がこもる。
オールメッシュで回避出来るが、
ベンチレーション機能は絶大なので『おしい!』
私は我がままでしょうか?






設置と撤収はテントキャンプの課題でしょう。
通常のテントやタープでも、
周りがビックリする位、素早いのですが・・・・・・

画像


更に「素早さ」を求めたクイックシステム。
現在はコールマンでも出してるが、
先開発者ロゴス。
気合が違います。
http://www.youtube.com/watch?v=d0NHIdknSmc#t=24

http://www.youtube.com/watch?v=fRPR9KLZ8mA


画像


3500mm四方のタープと3000mm四方のテント。
純粋に設置すれば、
必要なエリアは6500mm(6m50cm)の奥行き。
(ペグダウンするので、更にエリアは必要です。)
タープの背面にテント入り口を「食い込ませる」ことで、
約5~6m弱のエリアに対応する計算です。
リビング(タープ)⇔寝室(テント)の構造。






クイックシステムは、既に接続されたポールを広げるだけなので、
収納サイズはデカイ!です。
接続部も樹脂製(硬質プラスチック)なので、「風で揺れる」などの口コミがあるが、
しっかりとペグダウンすれば大丈夫でしょう。

常に様々な気象下や地盤でも対応出来る様、
ペグやシート(ロープ)は多目に持参します。
(付属品のペグ類は「おまけ」と考えてます。)

画像


まだ試し設営も終えてない状況。
近所の多数ある公園や空き地で広げてみたいが、
最近の天候がイマイチ。

今月のキャンプでのデビューが待ち遠しい。
次回は家族4人が過ごす基地になります。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック