新緑のバーベキュー

先日、完成した「テラス・デッキ」 春を迎え、紅葉が葉を付け。 計算したイメージに近づいて来ました。     それは「緑と融合したデッキ」。     植えつけから約10年の樹々達と融合させ、     狭い庭でも自然の豊かさを味わえる工夫がある。     新築から10年間、構想を抱いてたのは事実。     (長~いイメージ作りだったかも?)     桜の季節も終盤。     デッキ脇の「花桃」の樹も花を散らせてますが、     まだまだ、デッキからの景観を賑わせてます。             『まるでデッキに樹が生えている。』ってイメージ。     「ツリーハウス」は男が抱く夢。     なんとなく.....夢が叶った感じです。     ちょっと贅沢な空間に成りました。     「紅葉剪定」で、1~2年後の計算もある。       この高所デッキから、     形良く、剪定を行う予定です。     下を見た時の高所による恐怖感も緩和してくれる。     デッキに鎮座した風景も良いです     天気の良い日は、     空の青と緑のコントラストは格別です。     そんな訳で....遅くなったが、  「デッキ完成祝いバーベキュー」。     卓上コンロを持ち出…

続きを読む

ウッドデッキからウッドテラスへの製作

やっと完成! 機能充実のデッキです。     「自転車置き場」に「縁側」。     生活の全てを叩き込みました。           左の白いブロック塀はお隣さんの境界。     家の「南南西」方角です。     デッキの天場は日当たり抜群なのです。     結構な高さに成りましたが......     これから春を迎え、     目の前の「里山」の息吹と鳥の鳴き声が身近に感じるでしょう。     画像は無いのですが。     デッキ上部には、     夏の暑さと暴雨対策でオーニングを各所に設置しました。     ところが......     天場下の空間は暗く成りがち。     自転車置き場・道具収納が兼ね備えてます。     夕暮れ~夜は明かりが必要です。     LEDのセンサーライトを取り付け。     玄関までの敷地歩行にも反応し、     夜の足元を照らし、安全&防犯にも役立ちます。     海岸から拾って来た「流木」達。     1年以上、乾燥させたかな?     流木達にも活躍してもらいます。     ステイン系ダーク色の塗料を塗る(染み込ませる)。     角度を取り、STビスで打った後に変性シリコンでカバー。         転落事故は無いと思うが、     高所なので安心感・デザイン性で組みます。 …

続きを読む

ウッドデッキの進化

ウッドデッキの進化版。 「テラス・デッキ」と名付けました。    全て1人で作ったので時間が掛かりましたが、    やっと完成のめどが経って来ました。    新しいデッキの上部には2階のウッドテラス。    構造材と周囲の樹々が馴染みます。    外部の木材使用は、はっきり言って難しいのです。    でも!    コンクリートで固めた雰囲気とは優しさが違います。    生活してると「物が増える」。    こんな解決策でも役立ってます。    もちろん、数年使ってない物は処分してますが......    箱型のボックスを製作してキャスターを付け、    大型の収納を作りました。    『ちょっと作業したい』って私の気持ち。    大工道具入れです。    その奥にはキャンプ道具小物のBOX。    キャスターで出し入れは楽。    上部天場は防雨し、濡れる事はない。     ちょっと高く作りすぎちゃったかな?    上部のテラスが頭上ギリギリ。        でも、天場からの風景は格別。    『緑がいっぱい!』        我が家の「緑」も活かします。    親友から頂いた「山紅葉」。    剪定してデッキの主役に成って頂きましょう!    樹木貫通型のデッキです。  …

続きを読む

ボードラック併設・空中ウッドデッキ

ウッドデッキと呼んで良いのだろうか? 狭い敷地での、あらゆる機能を持つ建造物に.......    高さ2mの天場へ通じる階段を作ります。    階段上部(バルコニー天場)下の防雨は完璧だが、    地域特有の南風による侵水の為、微妙な勾配をつけてある。    「木(モク)」は湿気を嫌うので、    濡れた場合、乾燥の速さを助長させる勾配です。    全体のダーク色は私の好み。    (家族の意見では明るい色に塗り替えるかも?)         1階和室からのワンステップ動線で製作。    まだ寒い季節ですが、    暖かく成ると気持ちよい空間でしょう。    階段を登るとデッキ上部へ。    「くの字」型のデッキです。    2階のバルコニーに手が届く高さですが、登れません。    この高い位置に「ボードラック」?    不思議な空間が遊び心。    もちろん、ボードの出し入れは考えてます。    デッキ上部から下庭へ、    デッキに立てかける様に降ろせます。        ラックと言っても簡単な構造。    お隣さんとの庭の境ですので「目隠し」の意味もある。    覗くつもりはないけど、この高さのデッキに成ると    配慮も必要です。    図面も起して無いし、    インスピ…

続きを読む

多機能ウッドデッキ 自転車置き場

「多機能ウッドデッキ」の最大の意味は、 自転車置き場が併用されている事です。    室内からのデッキ天場下には5台の自転車が見えます。    天場を高くしたので....    多少、窓外の風景に影響が出たが、    手前の掃き出し「縁側」のスペースで、    リビングには日差しは十分に。    「サイクル・ラック」も自作です。    水道系の管財で作ってますが、    アイアンで立派なラックも販売されてます。    あくまでも「自作」で拘って作りました。    特にスポーツ車はタイヤも細く、チューブも小さい。    地面に長期間置いておくだけで、ダメージを日々。    乗り物は「足」が命ですから。   

続きを読む

多機能・空中ウッドデッキ

今回のウッドデッキを作るあたり、 課題は沢山ありました。    「自転車置き場」が無かった事。    『出し入れが簡単な置き場が欲しい!』    って子供達からの要望。    自転車が雨で痛まない様な置場。     庭から「ワンステップ」での昇降。     裏庭へのアクセス。     バーベキュー・キャンプ道具などの収納。     コンクリート土間をうち、     防腐材で寝かせた「柱」で立ち上げました。          上部の天板は隙間を無くした「防雨」に仕上げ。     あらゆる隙間にコーキングしてます。     根太は防腐した90×45、105×45の米松材を使ってます。     かなり重い材ですが、しっかりと天場を支えてくれます。     以前のデッキから解体し、生きている材料もふんだんに使用されてます。     「直線的なデッキ」なら簡単だが、     理想に近付けるため、曲線を持たせてます。     (これが大変!なのです.......)     地上から約2mのデッキ。     家で言ったら「中二階」の高さかな?     まだまだ作業は続きます。

続きを読む

ウッドデッキをリニューアル

約10年間、大活躍したウッドデッキが傷んできた。 やはり.... ウッドデッキは最高の居心地だが、メンテを怠っていました。 「腐り」を確認したところ、根太部に及んでいた事から、 全解体に及びました。      10年前の木材知識・作業を見つめ直し、      丁寧に組み立てます。     「材」はあらかじめ木材保護塗料で寝かせてあります。     塗料は木材に浸透し、表面に余分な塗膜を作らない物を選びます。     木の通気性を保つため木の呼吸を妨げないので塗膜のフクレ、ワレがおこりません。     例えば→  http://www.xyladecor.jp/     切断の「小口」は十分に染み込ませる様に処理。     木材の内部に浸透し、内部から防腐・防カビ・防虫効果。     「イペ」「セラガンバツー」「ウリン」材を選んだ方が完璧だが、     かなり高額に成り、硬い感じに仕上がる.......         私の求めるデッキは木材の柔軟性を感じるられるデッキです。     この天板は「ACQ注入材」1×4ですが、芯はホワイトウッド。     防腐と歌ってますが、ちゃんと処理します。     (ACQ材は、世間に出たては加圧注入してましたが、現在はプール漬けらしい。)     しっかりと内部にACQが入っていません。                天板を組み、「変成シリコン…

続きを読む

久々の「焼肉」

   今年「初!」    気候も暖かくなり、    ウッドデッキで過ごすのに『最適な季節』。 早朝まで雨だったが、 日の出と共に快晴。   昼には気温も25℃。 初夏陽気の本日です。 午前中に買い物を済ませ、 新調したテーブルの上。 小型コンロで炭に火を入れます。 10年以上、使用している「テーブルコンロ」。 かなりの年季。 買い替えたいが、希望の物が見つからない。 前回使用した炭を利用し、最着火。 新しい炭を上に乗せます。 新緑と暖かな風に見守られ、 「焼肉ランチ」は至高の幸せ。 静かなアナログ時間を堪能した昼下がり。 学校から帰宅した子供達に、 服に染み付いた煙の匂いで『焼肉、食っただろ~!』 バレバレです。

続きを読む

8年目を迎えるウッドデッキ

  休日の本日。   朝から日が注ぎ、初夏を思わせる気温。   『よっしゃ!やようかなー。』 日頃から気に成っていたウッドデッキの疲労。 これからの季節、 活躍してもらう重要な我が家のアイテムです。 綺麗にサンダー掛け(電動に頼ってしまった......) ステインをローラーで塗りこみ。 何度も塗料を重ね塗りしている。 マダラ模様が年季を物語ってます。 テーブル兼、キャンプ用品の収納。 天板が限界なので新たに作り直し、 同じ塗料で全体を塗りました。 外部ウッド系はメンテナンスが大変! ですが、 質感は味わった人にしか判らない。 面倒でも、生活空間を大切にしたい。

続きを読む

ベランダ増設計画

レッドシダー材で組まれたバルコニー。 今年で7年経過するため、 ウッドの劣化をメンテナンスします。 「腐り」が生じた部材を交換。 が! 増設に転じてしまった...... フェンスの材料をバラシ、 拡張部材として使います。 7年前の画像。 まだ、フェンスが完成していませんが、 「L字型」のベランダです。 大工さんが丁寧に作ってくれました。 「L字」の真ん中部分を増設。 数年前から頭の中でイメージしていた事です。 5人家族の洗濯を干す場所がメイン。 『ちょっと狭いな~』と感じていたベランダです。 それと、 仕事などへ行く時、 末っ子が『行ってらっしゃ~い』をしてくれる場所でもあります。 「耐久性」と「安全性」は課題。 2×4材をメインに、2×6材も使用してます。 バルコニー下は「ウッドデッキ」。 張り出した部分の景観も気に成るところです。 1階のデッキに光を入れる計算も難しい...... 格闘は続く.....

続きを読む

竹の恐怖

   梅雨が近くなると『そろそろ来るな.....』 庭の一角に注意を向けなければ痛い目に会う。 前日は姿が無かった「黒竹」の赤ちゃん竹の子。 「頭」を出すと一瞬と思える位に成長。 この位の大きさなら手で「もぎ取れ」ます。 成長を促す場所と摘み取る場所。 「竹栽培」の楽しみでもある。 根がはり、恐れていた場所に ウッドデッキの下。 竹の生長威力は凄まじい! デッキが破壊されるので早期摘み取り。 画像は全て小6の長男Gが撮影。 小柄なフットワークと撮影センス。 最近は、私に信頼性を与えてくれてます。 すでに成長した竹の枝を剪定しながら、 新たな子供達を選別します。 「大胆」で「繊細」..... 約2時間の作業中風景。 通路を確保しながら、 夏に向け、日差し対策。 なかなか.... イメージ通りには行かないもの。 だから楽しい!この季節です

続きを読む

近所で有名

『また、バーベキューやってたでしょうー。』 毎度のごとく、家からモクモクと煙が立ち上がる我が家。 肉が焼ける臭いは道行く人の鼻をくすぐる。 野菜も炭火で焼くと美味い 「しし唐」は私の定番。 シイタケはバターを乗せ、醤油で味付け。 昼からビールなんて贅沢なのでしょうか? 私には当たり前の日常です。      (休みの日ですが......) 実は、ハンバーグを炭火で焼くと最高なのです。 冷凍にしておいた自家製ハンバーグをそのまま網に乗せます。 ゲストを交え、約2時間の「の~んびりランチ」。 アナログ時間を楽しむ。 バーベキューなんて、大げさな物では無いのです。 「炭火」は慣れると、手軽で便利。 我が家での普段の食卓風景でした。

続きを読む

春日の休日

   朝から暖ったかい日が続きます。    日の出も早く、起床も自然に早くなる。   祝日の本日。   一歩、外に出ると渋滞や混雑。   『こんな日は、のんびり家で過ごしましょ~!』          暖かい南風の中。     ウッドデッキで「炭火食事」が多くなる。     昼食は「焼き物三昧」です。     周りで騒がしくなった、ウグイスの鳴き声を聞きながら..... 冷蔵庫などから好きなものを取り出して焼くだけ。          怪人「ゲソラ」は末っ子。          庭の「花桃」は満開     「の~んびりした休日」の一日でした。    

続きを読む

夏休みの昼食

子供達が「夏休み」に突入。 外は炎天下の日々.... .           朝のうちに宿題をすませ、        午前中から泳ぎに行ったりしています。               お昼に帰宅。      メンテナンスが終わったウッドデッキ上で読書など....              庭で栽培している「夏野菜」           収穫直後が『美味い!』            私の大好物「獅子唐」              けっこう辛い!             トマトは大量。           毎日、次々に赤く熟す。           氷水で「冷やしトマト」。         炭火で焼いた「焼きトマト」など。                     我が家での主役「ピーマン」             我が家の子供の大好物                 収穫してすぐに食すと「あま~いフルーツ」みたい。          焼いても美味いが、              マヨを付けて生で『バリバリ』が最高。                               バジルも生長。           パスタやピザに活躍します。         オイル漬けにしておけば「バジル・オイル」。         トースト…

続きを読む

ウッドデッキ・メンテナンス

完成から約5年。 バーベキューやプール、 友人達との空間、 大人数の子供達が飛んだり跳ねたり。 雨、風、紫外線.....時には雪の重さにも耐えてきました。 我が家のほぼ主役を演じてる「ウッドデッキ」。 さすがに、くたびれてきた様子。 「割れ」が生じ、水分進入で腐りが生じる危険性。 これからも元気に活躍してもらいたい! 我が家の室内は全面「パイン床」。 柔らかい木質なので、リペア剤を常備してます。 パテのチューブですので、扱いはお手軽。 これを利用します。 各色が販売されてます。 常備品はデッキには色が明るすぎる。 あえて、後作業のペイント時に色調を合わせる事にしました。 (チューブ内が硬化してしまう前に使い切りたいので。) 小さな「ヘラ」を利用すると効率的ですが、 身近にある「割り箸」を利用し、 割れにパテをすり込む様に作業。 硬化時間はかなり早いので、 この作業は、大まか。 割れに、しっかり入り込むかが勝負! 細かな割れも見逃さない様に..... パテ作業が終わった状態。 表面の汚れなども気になります。 サンデングします。 「布やすり」を使用。 電動サンデング機も持っているが、削りすぎる。 あえて、「愛」を込めての手動で {%ハート1web…

続きを読む

「ウッドデッキ」での休日。

春から梅雨の時期に向かう季節。 快晴に加え、気温も上昇する日も多いですね。 家でノンビリ&リラックスする休日。 ウッドデッキでのランチは「格別な贅沢」に感じ......            ちょっとした至福を感じたりします。 テーブル上で「備長炭」に火を入れる 訳。 近所のスーパーで「骨付きカルビ」を発見。     3人の子供達は学校・幼稚園。       妻と2人だけでの焼肉ランチです。 日差しが厳しいので、オーニング・テントが助かります。      木々の「こぼれ日」も気持ち良い。 デッキ周りの外壁ウッドも「やわらかい空間」を演出。     外での食事では「空気」「視覚」も味に影響します。 焼け上がりの「骨付きカルビ」! ハサミで切りながら堪能します。    骨の周りが『一番美味しい~っ』......ですね。 ウッド・フェンスでプライバシーは確保してますが、   美味しそうな香りは防げません。     こぼれ日の中、優雅な昼下がりを満喫します。 『また焼き肉食べたでしょー!』 子供達が帰宅後......服に付いたニオイで、ばれてしまいました。

続きを読む