家の守り神「ゲコ」

指先に乗る位、小さな生き物。 階段で見つけましたが、とっても可愛くおとなしい。    子供達は、『いつもは、2階のクローゼットの壁に居るよ!』      知らなかった.....    イモリとヤモリを間違う人は居ます。    イモリは水棲生物。    ヤモリは陸上生物。    人間の勝手解釈でトカゲとまで呼ぶ人も?    ヤモリは「家守」の語源から。    家の害虫を餌に生活しているので、    住み着くと、その家は幸せに成る。    ハワイのマウイ島に数年に渡り、滞在した時。    毎夜、『ゲコッ!』と鳴くヤモリがそばに居る環境。    初めて泣き声を聞いた時はビックリします。    現地ではGECOと呼ばれてました。    今でもヤモリを見るとゲコと呼んでしまう。    たまにしか姿を見せませんが、我が家の「家守」、    「ゲコ」と名付けます。

続きを読む

いつも立ってる

    ゲージの中でも......     リビングを散歩中でも....... 直立姿勢が多いうめ。      『何を観察しているのだろう.....?』     ウサギによって性格が違うのが面白い。          きっと彼女にとって、     毎日が新しい発見の連続なのでしょう。          

続きを読む

ホッとした1日

   寒い日々が続き、待ち遠しい「春」。    今日は少し、体の動きが違いました。    曇天の一日でしたが、たまに木漏れ日。    ちょっと遅く起床した朝のリビング。    温もりさえ感じました。    こんな毎日が直ぐそこまで.....

続きを読む

少しずつ、春の訪れ。

まだまだ、寒い日が続きますが、 植物や動物は気付いてます。 春が近いこと 庭の草木の息吹を感じる今日この頃。 「花桃」の木もつぼみを着け始めました。 桜の開花より一足先に、見事な花を開きます 奥秩父から譲り受けた「山紅葉」 毎年、元気に育ってます。 引越しの環境変化にも負けない生命力。 周りの動植物から エネルギーをもらっている「生活環境」です。

続きを読む

毎冬の仕事。

冬は「ペレットストーブ」が我が家の主要。 手間は掛かりますが、かわいい奴です。 煙突掃除はテクニックを要します。 パーソナルで繋がっている煙突は分解掃除可能です。 つまり「経験する事」。 何事も体験無くしては語れない「苦労」。 メンテナンスは大変! 次期の事を考えての「潤滑油」を丁寧にスプレーします。 錆止め効果も重要です。 ここまでバラさなくても掃除はできますが..... 外から「掃除ブラシ」を突っ込むと途中で引っかかったり、 一気にススが排出され、「炭坑掘り」状態になったり、 とにかくストレス。 ついでに「施工ミス」も発見してしまいます。 室内から屋外へ煙突を通している部分。 固定されているはずのビスを見れば判ります。 石膏ボードのみに入れ込んでいる為、壁内の芯に効いてない状態。 ボードアンカーを打ちます。 しっかりと固定。 『ガチッ』とした感じは心地よい。 燃焼室も耐熱石を外し、丁寧に掃除。 ピカピカまでは行かないけど、スッキリ。 今日も元気に稼働してくれるペレットストーブ「カローレ2」。 ストーブのメンテナンスは「男の趣味」でしょうか? 『ワクワク』してしまう自分が居ます。

続きを読む

休日の昼には....

仕事が休みの日でも、 早朝に起床。 午前中に外出する用事を済ませたら..... 午後からは、「のんびり」とやりたいもの。 昼に飲むビールは特別です。 ウィークデイ休みの「ちょっと贅沢」。 私は『昼プシュ』と呼んでます。 (『今日は「昼プシュ」しちゃおうかなぁ~』など、日常で使ってます。   ちなみに、海で飲むビールは「浜プシュ」です。) プシュ!とやる仲間募集。

続きを読む

新潟からサンタクロース

新潟からサンタ夫婦が「ペレットストーブ」のプレゼント。 今年、最高の贈り物です。 家や家具、電化製品。 作った人間の気持ちや意気込みを感じたい。 Apple社の「Mac」が何故?時代のニーズに答えているか? サポートを受けてみれば解ります。 貿易会社やゼネコンなど、大手企業には出来ない心憎いサポート。 新潟~神奈川へ、速攻! ファンモーターのオイル切れとダスト蓄積による不具合(私のメンテナンス不足)で メール配信。 『うちのかあちゃんと2人で行きます。』 1BOXの社用車で駆けつけてくれた古川様ご夫婦。 我が家の大切にしていた「カローレ1号(初代)」を持ち出す準備。 重量100kg以上。 さすがに私もお手伝いさせて頂きます。 (大人男性2人でも、かなり重たい。) 「カローレ2号」の扉が搬入されます。 初代からの次発機ですが、大きさ&形の変化は見当たりません。 1号からの改善ポイントなどを細かに説明を受けます。 開発者から聞く説明は「一味」違う。 煙突(二重吸排気)の取付け位置が上下&左右に変更に成ってます。 (左右は移動だけ。上下は一部の部品交換) 既存の煙突を使用するため、煙突アタッチメントも 用意して頂きました。 我が家は「室内”立ち上げ」煙突で希望施工。 「室外”立ち上げ」(ストーブからストレートに壁を通過させる) の場合は、どうなったのでしょうか?…

続きを読む

我が家のペレットストーブ「室内温度効果計測」

10000Kcal 以上の暖房出力を持つ「ペレットストーブ」の実力は? 参考 : 築後3年間。    約34坪の木造総二階建ての住宅暖房はペレットストーブ1台のみ。    「株式会社さいかい産業」製「カローレ(初代)」です。    火力は〝最小″に設定した状態で、着火1時間後の計測です。 「レーザー温度測定機」登場。 レーザーを当てた場所の温度を一瞬でヒット! ピストル型で、高所・水の中・隙間・手で触れない場所など測定可能です。 ペレットストーブの「燃焼室」を測ってみましょう。 300度に近い温度になってます。 庫内の温度がファンで送り出され、「熱風」が吹き出します。 正面に立つと..... 着衣が瞬時に熱せられ『アチチ!』 本当です。 鉄製の「燃焼室管理扉」は、手では触れない温度。 鉄扉に赤いポインターが当っているのが、お分かりでしょうか? 熱風が上部から吹き出し、30cm以内に近づく事は不可能。 手で触ろうとしても、ガラス面からの熱は20cm接近で 『かなり熱い。』 我が家の子供達は1mが限界みたいです。 長男「GO」で実験。 小学2年生に成り、好奇心旺盛。 私の奇妙な行動にも意欲的(?)に参加してくれます。 約1m10cm離れた体感温度です。 55℃ なので、滞在するには熱すぎる温度。 30cm離れて1m…

続きを読む

ペレットストーブ もうチョットとだけ.....メンテ

以前、1回だけトラブルがあった場所です。 燃料庫から燃焼室へ「ペレット」が運ばれる「供給路」。 燃料庫の下部からエレベーターの様に上へ運ばれる仕組みが隠されてます。 4本のビスを外し、カバーを取り除くと.... スパイラルが姿を現します。 モーターでスパイラルが回転して、下から上へペレットが運ばれます。 回転スピードは外部スイッチでコントロールする事が出来るので、 「燃料供給の大小」 = 「火力」=「温度調節」 って事に成ります。 スパイラル上部。 判りづらいと思いますが、スパイラルの奥、ペレットの上付近に 燃焼室への黒い「落下口(らっかこう)」が見えます。 ここから『コロコロ』とペレットが落下して行きます。 下から上へと運ぶ面倒くさい装置ですが..... これは「消防法」によるもので、燃料貯蓄庫に引火しない仕組みです。 スパイラルの溶接部が見えます。 導入後間もなく、トラブルの原因に成った場所。 ペレット燃料には「粉」が必ず混入してます。 画像でも解ると思いますが、蓄積されると目詰まりを起こし、 溶接部が剥がれ、スパイラルが弾力で沈んでしまった! 今はメンテナンスも覚え、正常な状態を維持してます。 当初は原因も解らず...... 『ペレットが落ちて来ないんですけど~っ』 TELする…

続きを読む

ペレットストーブ メンテナンス実践

「石油ストーブ」や「ファンヒーター」での石油系臭が、大!の苦手なのです。 特に、灯油が手に着いた時は最悪! 洗っても、なかなか臭いが消えない。 燃焼中の「目がシバシバ(表現が変?)」も。 室内で、石油を燃やしているのですから窓を空けての「換気」........ 「換気」は煙突でクリアー。 「暖炉」は大掛かりな工事&費用、毎日のメンテナンス等。 色々な試行錯誤の末に、素敵な出会いから3シーズン目を迎えました。 我が家のペレット・ストーブ「カローレ(初代)」 株式会社さいかい産業http://www.saikai-sangyo.com/ ホームセンターでも購入できる簡単な工具があれば、意外と簡単に メンテナンスできます。 上部・左右のカバーを六角レンチで外します。 中央の大きな開口部は、ペレット燃料を入れる貯蓄部です。 シンプルな構造で、作業しやすい。 燃焼室の温度を、ファンを利用して送り出す暖房システム。 機内に空気を吸引するので、「ほこり(ハウスダスト)」も溜まります。 画像の右下「ファン」をマイナスドライバーで取り外します。 「ファン」の可動悪化をもたらすダスト。 ビッシリ!と「ダスト・ジュータン」風景。 ファンの羽根や駆動中心部を丁寧に清掃します。 掃除機のノズルを近付け、「竹串」などでホコリを除去。 可動部に、軽くスプレ…

続きを読む

リビングからの「満月」

吹き抜け東側のFIX窓。 夕食も済み、マッタリとした時間に顔を覗かせた月光。 冷たい空気中の夜空を照らし、街や.....室内まで光を注ぎ込むパワー。 私を含めた人間は体内に「塩分」が無いと生きて行けません。 海の生物から進化した過程。 血液で体を維持している地上生物は共通して同じでしょう。 海の「潮」が影響される様に、人間にも影響します。 それは血液中の塩分。 満月の夜は....... 『殺人事件が多い』  『喧嘩が多い』 『自動車事故が多い』 『男女の○○○が多い』等、気が高ぶるのでしょうか? 「狼男」などの物語のルーツにもなってます。(実話かも?) 我が家では.... 『お月様、綺麗だね~....』って感じで「ボ~っ」と過ごしてます。 平和家族なのか? 鈍感家族なのか? 海を愛する事は、確かな事です。

続きを読む

TV配線処理。

まずは、コンセントからの配線を処理します。 コードが「ブラブラ状態」では、足に引っ掛けたりして危険。 ホコリによる不衛生。 なにより見た目が悪い。 プラスチック材で出来ているコード配線用。 ホームセンターなどの電気コーナーで売られてます。 既に両面テープが貼ってあります。 壁と床の境にある「幅木」上に合わせてベースを密着張り付けするだけ。 「コードが見えて許される視界」+「コードの張力」=「配線隠しカバーの長さ」。 私の勝手な方程式で作業します。 鋭角部コーナーの処理は「カッター」と「ラジオペンチ」で。 カッターで筋入れし、ペンチで切り取ります。 軟性プラスチック材なので、端から「めくり取る」感じ。 若干...... 隙間が出来たかな? 「白色充填材」などで埋めれば綺麗に仕上がります。 「幅木」上の処理が終った状態です。 TVからの黒いコードが目につきます。 個人的な許容量によりますが、 私には『ん~.....許さん!』って感じです。 TVは左右に手動で首振り可能(約35度)。 コードのクリアランスも計算。 本体 → コンセントまでの長さの限界で「斜め設置」.... 最初は抵抗が有ったが、以外に綺麗に(目立たなく)出来ました。 「AVラック」裏からは、各種コードが飽和状態。 「コード・タップ」を…

続きを読む

リビング「TV ソリューション」&「AV キャビネット」改革(Part-2)

在来の「TVボード」を解体。 新たに「TV台座」を製作します。 テレビは40型ですが、付属スタンドが小さいので よりシンプルな構造に成ります。 2階の洗面台に使用した「檜一枚カウンター」の切れ端を利用します。 (幅55 奥行33 厚さ6cm) 長さ40cmに切り出した「皮むき枝部」を固定。 (細めのL字金具と木工ボンド使用) 足2本でのシンプル&耐久性を計画。 壁付けはL字金具です。 右側は壁内の間柱「芯」にビス止め。 左側はボードアンカーで固定。 当初はアタッチメントによる「壁付け」を考えたが、 TV裏の高熱による壁へのダメージを考慮しました。 (知り合いの電気屋さんからのアドバイス) 落下防止のバンドを固定し、TVからの熱の逃げ場を確保。 首振りも30度ほど可能です。 港北の「IKEA」で購入したキャビネット。 6980-でした。 メタル製で、レッド(とにかく可愛いい!)か..... ホワイト(シンプル)の選択で悩みました。 AV機器の収納。 当初は立った状態での操作を考え、「棚」を製作。 静電気によるダスト防止を優先しました。 (電化製品の故障の原因をシャット!) 底部に穴が空いているので、配線も綺麗に治まります。 機器の熱逃げ状態も良好。 キャスターで可動するので、背面の掃除や配線管理も…

続きを読む

リビング「TV ソリューション」&「AV キャビネット」改革(Part-1)

モデルは長男の「GO」ですが.... 夜になると家族一同、テレビの前に群がって『ゴロゴロ』状態。 特に長女「M弥」は、真夏の水族館でバテバテの『トド』そのもの。 とても画像を載せられない醜態の日常。 家の新築に合わせ、廃材を利用して自作した「TV ラック」。 配線を隠せ、シンプルなデザインですが...... 視線が低すぎて『ゴロゴロ』を導いたのです。 29インチ/ブラウン管TVも「リビング空間」を狭め、電気代コストを高める。 日々の電気代やECOポイントで決意しました。 ネットなどで性能などを調べ、「SHARP/アクオス」か「SONY/ブラビア」に絞る。 決め手は家電ショップで、観て触って。 数回、足を運んだ末..... 「ブラビア40V」が我が家に。 地上デジタル放送(地デジ)の画像は、やはり綺麗。 しかし! 「ゴロゴロ」は変化無し...... 「TVソリューション改革」を実行する時が来ました。

続きを読む

トトロの森

小学生の長男の通学路。 学校まで歩いて数分の距離ですが、好奇心旺盛の年代。 帰りは友達と「道草」をしながらゆっくり帰って来ます。 自宅から数歩の距離。 歩道の脇に「森」があります。 子供達の呼び名は「トトロの森」。 季節の「宝物」を探して持ち帰って来る場所です。 「立ちション」などのイベントもあるらしい...... 長男のドングリ・コレクションです。 トトロの置物でデコレーション。 海も近いので「貝殻コレクション」や「珊瑚コレクション」も沢山! 私のコレクションの「流木」も各部屋に点在。 1つ1つに思い出が詰まっている空間で生活しています。  ジブリコレクションボールチェーン(となりのトトロ・大トトログレー)携帯グッズ専門店のストラップヤ!人気のジブリの仲間たちがちっちゃくてふわふわ素材のマスコットになりました★肌触りのいいフェルト素材の楽天市場 by ウェブリブログ ぬいぐるみ トトロ コレクション リュックサック 大トトロ(S)グレー サイズ 28cmHappy ハッピー  お買い上げ 合計金額が 8,000円以上は 送料無料ですが、 8,000円未満は、送料 500円楽天市場 by ウェブリブログ 崖の上のポニョ・となりのトトロ・もののけ姫など入っています!新発売 『ジブリアニメ/ピアノ・コレクション』 CD APX-001そふと屋■品名:ジブリアニメ/ピアノ・コレクション ■品番:APX…

続きを読む

キャンプで学ぶ「自然との共有」

「社会」を形成し、便利に成った世の中。 しかし.... 一歩、自然社会に踏み入れば「生命力が弱い生物」と 感じます。 長い進化の過程で、 身を防護する皮膚が弱体化した「人間」です。 キャンプでの早朝・・・・ 不審な動きの管理人「Kちゃん」。 『油断すると、巣を作っちゃうんですよ~。』 バンガローの縁の下。 「スズメ蜂」が頻繁に出入りするのを発見! 緊急事態です。 「巣作り」の場所に選ばれたバンガロー。 接近して撮影したいが、危険を伴う。 刺されたら最後..... 命に関わる状態で緊迫が走ります。 『誰だ?』 「スーパーヒーロー」登場です。 熊や鹿。 野生の動物を相手に日々、闘い続ける男が駆けつけました。 「スターウォーズ」に出て来る「ストームトルーパー」か? 「STARWARS」を愛して30年。 あこがれの戦士が君臨しました。                  『ストームトルーパー』                       ↓ あれ?ヘルメットに「大滝村産業観光課」って....... 実は、管理人の実の父親。 都会とは違う、自然と共存する「常識」が有る。 「アウトドア」「キャンプ」「登山」など..... 決して『お手軽』では無く、熟知する人々の「支え」がある事。 自身の「備え」が必要です。 …

続きを読む

狭くて暗い.....闇の世界。

恐ろしいタイトルに成ってしまいました。 しかし! 「我が家」を守る為、勇気を持って突入開始です。 住宅の要は「基礎」です。 日本独特の気候による「湿気」があり、恐ろしい「シロアリ」も存在します。 我が家のは基礎下まで降りられる秘密の点検口が存在します。         秘密を見たい方はココから。              ↓     http://splexmani.at.webry.info/200805/article_6.html         カメラはストロボ使用。        昼間でも懐中電灯を使用しないと.....                  『真っ暗』です。         外は大雨。         以外とカラッとして涼しい空間。         「全周換気パッキン」なので通気性は良い。         「土台」は念入りに確認します。         「断熱材」の湿気も無い様で安心。            「床下収納」を発見。          キッチン下へ突入です。          方向転換に苦労するので、          床下収納のユニットを外して脱出成功。            『ふっ~.....』      

続きを読む

ペレット燃料の違い。

静岡県の材木業者から配達されるペレット。 昨年あたりから需要過多?のせいか、在庫が乏しくなりがちです。 配達時期のタイミングによりますが.......... 色や硬さも変わってます。 写真左側のペレット。 色が濃いのが分かります。 油分が多い「赤木」が混入している可能性があります。 硬く、火力も強いのが特徴。 写真右側のペレット。 色合いが白っぽく、柔らかい。 ほとんどが「白木」で形成されていると推測できます。 火力は弱く、焼却も早い。 購入先は Kg (キログラム)単位での販売ですので、 どちらも価格は同じ。 結論的に、写真左の「色が濃い」ほうが燃焼効率=コストパフォーマンスが良い。 残念ながら....... 現時点ではペレット色でのオーダーは不可能。 販売店によっては成型されている材料によって、値段が違うケースもあります。

続きを読む

「紙垂(しで)」の作り方。

神社へ初詣に行かれた方は、目にしたかもしれません。 神社では鳥居や拝殿に、白い紙が垂れてます。 「聖域な場所」と、人々に知らせる意味から始まったと聞きます。 同時に、内と外を隔てて「不浄」にふれさせない役目を持ちます。 (画像は神棚の祭壇設置例。) 市販されていて購入出来ますが....... 是非! 自分の手で御供えしましょう。 作り方は簡単です。 習字用の「半紙」を用意し、二つ折りにします。 写真の様にカッターで切り込みを入れます。 (定規で測った方が、仕上がりが綺麗になります。) 片面を延ばす。 直角に折り目をつけます。 ※ 「スティック糊」を軽く付けると『ピンッ』とした感じに仕上がる。 裏返しにして、同じ様にもう片面を外側に折って行きます。 バランスを整える為、カッターで切り取ります。 心を落ち着かせ、身を清めて作りましょう。 合計「四垂」を一カ所に奉ります。 敷地入口の「紙垂」。 玉串(たまぐし)や注連縄(しめなわ)などには 「紙垂」四垂の例が多い様です。 何れにせよ、新年には新たな気持ちで..... 「人(気持ち)と物(生活)を清める心」が大事かな? と、感じて初チャレンジしました。

続きを読む

神様がやって来た!

昨年の暮れに設置した「神棚」。 良い日を選んで「お宮」を入れてあります。 2階のかなり高所に設置するため、見た目より小さく見えてしまいます。 大きめの「お宮」を選択して正解です。 狛犬(こまいぬ)? 実は、沖縄で買って来た「シーサー」。 色彩で一目惚れしてしまいました。 神様をお守りする役目です。 そして...... 1月1日、元旦。 寒川神社(地元では寒川様と呼びます。)へ初詣の際、 お紙礼(おふだ)をありがたく御分け。 我が家にも神様が宿りました。 お供え物(米、塩、水、お酒)と、社の外側に「幕」を張ります。 正月なので鏡餅(かがみもち)と紙垂(しで)をお供え。 (紙垂の作り方は、後日公開させて頂きます。) 毎朝、手を合わせ...... 『今日も幸せに暮らせます様に!』 家族の習慣が始まりました。

続きを読む

「初日の出」&「初詣」。

皆様、あけましておめでとうございます。 本年も、 自然体で「スローライフ」の提案を行ってゆきたいと思ってます。 今年の「初日の出」は予想通りの美しさです。 湘南地方の海岸線は、日の出見物で大渋滞。 シークレットポイント「銀河大橋」からの絶景です。 (自家用車で行き、橋の上2車線片側に路駐と成りますが......) 私と長男で初ショット! 振り返ると..... 朝焼けの富士山。 深紅に染まった「紅富士」も同時に見る事が出来、 最高の「お年玉」を頂きました。 その後、初詣へ直行。 「銀河大橋」→「寒川神社」到着まで10分。 神社周辺は大渋滞なので..... やはり「シークレット場所」に駐車し、徒歩で境内へ。 寒川神社「境内の森と鳥居」が富士山と融合した美しい風景。 自宅に戻り、自家製「おせち料理」と「おとそ」で朝食。 「まったり&ゆったり」とした時間が流れる静かな元旦です。 今年も『よろしくお願いします。』

続きを読む

イルミネーションの季節。

日没後は、『キンッ!』と冷えた空気の季節です。 「クリスマス」に向け、イルミネーションの準備開始です。 室内は昨年同様、大型FIX窓にツリーライト。 新たに「火打ち柱上」に小型ツリーを配置。 リビングでのスイッチ可動コンセントが有るので、高所でも点灯/消灯操作が可能です。 『コテコテ』、『ハデハデ』.......では無く。 シンプルな「静かな明かり」を主張します。 全ての電球に「LED」を使用。 タイマーで 16:30~24:00の点灯に設定してます。 「ウッドバルコニー」と「ウッドテラス」をメインに考えました。 ウッドとLEDのハーモニーは独特な美しさがあります。 外部コンセントが集中している理由もあります。 1階に3箇所、2階に1箇所。 「アーチ・イルミ」を作ってみたい! 竹竿でアーチを作り、「ブルー」と「ホワイト」のコードをグルグル巻き。 固定はショロ縄です。 室内からの展望も良い感じ。 日没後の暗闇。 帰宅を急ぐ人達に、少しでも安らぎ感じてもらえたら........

続きを読む

「山紅葉(やまもみじ)」の紅葉。

今年の春先。 埼玉県の奥秩父から、移植された2本の「もみじ」です。 最近の気温の寒暖差は大きい。 起床し、朝日を浴びる為にウッドデッキへ。 一気に、赤く色づいた小さな葉達。 快晴の為の「放射冷却」(雲が無いため、地上の暖かい空気が対流圏外へ放出される。) が地上付近の温度低下を助長してます。 裏庭のもう一本も赤く成ってます。 こちらは緑の部分が多少残ってます。 背丈1m程だが、横に広がる雰囲気が良い。 敷地入口の為、存在感を主張し始めた「もみじ」です。 我が家に来て、「初紅葉」と成りました。 外壁のガルバニュウムをブラックに設定した理由。 季節によって、鮮やかな色を付ける植物。 赤 & 黒 は、好きな「配色組み合わせ」の1つです。 コントラストは、シャープな印象。 屋内からは、青空と溶け込んで季節を感じる。 一年を通して、今だけ味わえる「赤の妖艶」。 日照時間は短いが、夜のライトアップでの雰囲気は別物!

続きを読む

「日の出」が起床時間。

最近の「朝晩」の急激な外気温低下。 空気も冷えている日の出時間帯は、空気中の塵(チリ)の飛散も減少して...... 朝日が眩しい! 強烈な朝日が、家の中全体に降り注ぎます。 東の山頂に存在する樹々のコントラストも美しい。 太陽系に存在する地球。 生命の起源は、「太陽」の存在とされている。 「朝日」を浴びる事は、人間を含めた動植物の「生命」に影響する。 主賓寝室。 体を動かす「ストレッチ効果」の太陽放射で目覚めます。 「目覚まし時計」などで強制的に起床すると...... 一日中の体内時計が狂いっ放し。 時間的に、少し早くても良い「自然起床」。 家の入居以前..... 『いつまで寝てるんだ!』って怒る事は日常。 起こさなければ、夕方まで寝ていた長女。 「寝坊長女部屋」で苦心した窓設計。 日昇による明かりを天井に映し出す。 『ジワジワ』と朝を感じさせて起床させます。 「永眠病」が治りました。 最北端の部屋。 朝を感じない部屋は無い。 家族と共に、家全体が躍動する感覚です。 起床し、コーヒーを飲むのは日常。 朝日が差し込むリビングで、ゆったりと「頭」の回路を可動させます。 パイン材の床でストレッチ。 体をスタンバイ状態にする。 次々に起床して来る子供達も明るいリビングで復活! 大人より…

続きを読む

「ペレット」って何?

最近、「エコ」やら「CO2削減」で話題になっているバイオマス燃料。 木工場などで排出される「木屑」を利用し、固形燃料として使う。 木の粉末を固めた感じです。 タブレット状で、使用した木の種類で色合いが違います。 木材業者が電話注文で配達してくれます。 我が家の業者は、静岡→神奈川。 30kg米袋入り。 5袋単位で注文してますが、配達は早い。 インテリア性に米袋は....... 「コーヒー豆」の麻布で覆います。 良い感じ! ストーブ上部からペレット燃料を入れる。 一気に『ザ~』と入れると微粒子状の木屑が飛散する。 我が家では、使用済みキッチン用品を使用。 取手付きのステン製ボールです。 意外と使い勝手が良い。 今回は特別! ペレットストーブの燃料供給システムを紹介します。 ペレットが燃焼部へ運ばれる仕組みです。 清掃のため、スパイラル開口部を開けた状態です。 ※ 特殊な工具(鋭角ラチェット機能)が要るので、メンテナスは慎重に。 スパイラルが回転し、ペレットを上昇させます。 異常な目詰まりが無いか? チェックします。 順調に機能してるスパイラルの状態。 …

続きを読む

「巨大ペレット・ストーブ」発見。

近所の公園。 新しく建設されたセンターハウスに 我が家と同じ「ペレット・ストーブ」が有るらしい。 『見に行こう!』 デカイ! 大人の背丈程の本体サイズ。 まだ時期的に可動してないのが残念。 煙突が細い。 ビビットな「オレンジ色」が素敵ですね。 「コントロール・スイッチ」は裏側に有る。 液晶を利用したソフトタッチ式。 『何語だ?』 英語は得意だが、読んでも分からない。 歯がゆい気分....... 誰か教えて! 公園施設内で行われている環境活動。 写真展示されてます。 山を整備した際に出る貴重な自然の恵み。 樹の燃焼から出たCO2は、木の成長を助長。 「自然のサイクル」と成る。 本来の「ペレット」はプラントで成型され、小粒の燃料と成る。 (圧縮/乾燥が優れたペレットほど燃焼率が良い。) 初めて見る「自家製ペレット」。 写真は子供の手です。 灰やススが多量に出る燃料と思います。 「薪ストーブ」と同じ様な「視覚的暖房効果」を期待。 里山保護活動の拠点。 歩いて行ける近さですが、現在も計画整備が進行している。 散歩は、お弁当持参で1日を費やす広さです。 http://www.kanagawa-park.or.jp/satoyama/index.html 自…

続きを読む

本日は「煙突掃除」。

最近、朝晩が冷え込む様になって来ました。 『それそろかなー?』 我が家の唯一の暖房「ペレット・ストーブ」可動準備に入ります。 外気からの空気循環が命。 燃焼による二酸化炭素を屋外に排出し、室内はクリーンな空気です。 排出する二酸化炭素は、ペレット使用のため自然分解される。 ストーブの「命」である煙突を掃除します。 自作の「煙突掃除マシーン」。 配水管掃除用の「スプリングロープ」と煙突掃除用「ブラシ」を合体。 煙突自体は太いが、耐熱構造のため二重構造。 内側の筒は意外と細い。 特に、ジャバラ状のコーナー内部がネックに成る。 ストーブ本体の裏側。 「スス排出口」が有る。 クルクル回して脱着するキャップ。 ペレットのススは粉塵に近い細かさ。 「掃除機」で吸引しながら開ける事を進めます。 (新聞紙などで、床などの保護も忘れずに。) 約9ヶ月ぶりの可動です。 点火も順調。 火が入る瞬間の感動を思い出す。 やっぱり良い「ペレット・ストーブ」。 今日から朝晩だけ稼動します。 手間は掛かるけど...... 無くては困る「冬の住人」。 家族同様ですね。

続きを読む

アンティーク・シェルフ。

『子供部屋に「棚」を設置しよう。』 久しぶりに、私の「遊び心」が躍動する。 楽しくなければインテリアでは無い。 子供時代を思い出し、ワクワクする様な「シェルフ(棚)」を作ります。 名付けて「フィッシャーマンズ・シェルフ」。 航海を続ける漁船。 「船室」の片隅に有る様なイメージです。 近所のホームセンターでの購入。 『何に使うんだ?』って感じで展示販売されてます。 中心を「丸ノコ」で切断。 杉垂木をベースに使用。 塗装は「水性つや消しホワイト」をハケ塗り。 天板。 使わなく成ったテーブルを切断して使用。 漆喰壁に「つや消しホワイト」のバランスは良い。 天然木使用の重量問題は解決。 「在来工法」の壁。 寸値を把握さえしていれば室内追加作業も簡単です。 「RC」や「軽鉄筋」の住宅での作業では、専用の工具使用を勧めます。 アンティーク調の家具&小物などの価格は、意外と高価。 自分で作れば、部品代と廃材使用で「新品アンティーク」の出来上がり! 材料費約5000円で完成した「一品のオリジナル」。 陳列は子供達の自由。 『バナナと魚。置いてもイイ?』 シェルフのイメージは伝わったらしいが...... 『食べ物はダメ!』

続きを読む

室内ハンギング。

「植物を吊るす」事を『ハンギング』と呼ぶ。 綺麗に整えられた庭の有る家で良く見かけます。 「ヨーロッパ風」の庭園かな? マンションのベランダの味気なさを補う「緑」としても活用されてみたいです。 日本に輸入されている観葉植物の多くは亜熱帯地方原産。 室外では、越冬が難しい品種が多い。 「室内ハンギング」にチャレンジ! つる性の「シッサス」種をヤシマット付属のハンギングバスケットに植え付け。 用土(赤玉土7+腐葉土3)仕様。 リビングへ降り注ぐ光に映える「緑葉」が綺麗です。 室内なので、プラスチック製「水受け」に3カ所穴を開けてバスケット下部に固定します。 「シュロ縄」での固定が雰囲気的に良い感じ。 「ヤシの実」で作ったハンギング。 「グリーンネックレス」(小さな玉状の葉を沢山着けます。)を植え付け。 寝室で、仰向けからの風景です。 『葉っぱが1つ、2つ、3つ.......』 数えていると、いつの間にか熟睡。 ロフトから空中遊泳するヤシの実。 肉厚の小さな葉が可愛い! もともと、テーブルに置いてあった「シダ種」の植物もハンギング。 「プラスチック製水受け」にシュロ縄を固定、吊るすだけのシンプルな作成。 観葉植物を「置く」から「吊るす」への発想転換。 「株分け」や「根分け」でドンドン増え続ける我が家の植物達。 『家を植物園にしないでね!』と家族から…

続きを読む

「ダウンライト」イメチェン!

「ダウンライト」。 吊り下げ式ペンダントと比べ、空間の視覚拡大効果大。 少し昔。 家の主流照明は、天井直付けの蛍光灯が多かった。 「スポット」~「広角」。幅の有る種類で、居住空間や作業性で選べる。 価格も格安。 『新築と同時では無いと施工出来ないのでは?』 良く聞かれる質問。 在来の配線が有れば、天井に約15cmの正円穴を開けるだけ。 キッチンとカウンターのダウンライト。 奥が「電球色」21Wが2個。 手前のカウウンター上には「蛍光灯色」21Wが2個。 21W→60W相当の明るさ、省エネ電球です。 少しばかり、手前のカウンターが明るすぎるイメージ。 しかし、電球色のイメージは崩したくない。 本体内部の「反射板」は、工具なしで脱着可能。 垂直に引けば、簡単に取れます。 「白色塗装」柔らかい明かり。 「鏡面」強いスポット効果。 ライト本体の内部。 「反射板」を取り外した状態です。 電球を取り囲む様にバネが3つ。 バネの内側に「反射板」をはめて固定します。 「反射板」の固定枠。 アルミ製で、軽量。 垂直に押し上げると『パチッ』っとハマります。 (固定バネは柔らかいので、広がった場合は指で軽く内側に。) 簡単な作業でイメージが変わる。 奥のキッチンに「鏡面」。 手前カウンターに「白色」を設置しました。 …

続きを読む