春、本番!

色とりどりの樹々が、 自宅周辺で芽吹かせてます。   寝室からの風景も絶好調な季節。   しかし.... 野鳥のさえずりが今年は遅い感じです。    庭の「花桃」は紅色の樹が弱ってるみたいで、    花が少ないのが気になります..... 駐車場隅の花壇では小さなチューリップが花を添え、    食用のレタスなども育ってきてます。    桜も満開の本日。    家族で「花見ランチ」に行ってきます。 

続きを読む

苔(コケ)が好き!

リビングには観葉植物の鉢が大小、 数個置いてあります。        植物の種類は様々。    室内の鉢植えの土は乾きやすいのが悩み。    ウッドチップなどを解決策としてたが、    道路脇に綺麗な苔を発見。    本来、苔は大好きなので、     採取・鉢植えに移植してみた。    表面をフルカバーした鉢や、    数ポイント植えでアクセントの鉢。    調べた所「スナゴケ(砂苔)」って名前。    通常のが苔とは違い、ジメジメした所では無く、    日照を好む。    室内では日が入る明るい場所で育てます。      乾燥にとても強い品種ですが、蒸れに弱いらしい。    水のあげ過ぎには注意!      日が当たっている時間帯は、    乾燥をさける為に枯れた様に見える。    この時に水やりは厳禁!蒸れを起こすらしい。    道端や駐車場などの片隅に群生してたりする。    星型の葉を広げるので、とっても綺麗。    全日照~半日陰では、    手間要らずで育ってくれる。    今度、群生をみつけたら、    自宅庭の「苔ジュータン」にチャレンジしてみたいと思います。

続きを読む

正月の縁起物

お向かいのお宅から頂き物です。 ご夫婦で植物や樹木などを広い庭で育て、 我が家からの景観を素晴らしい物にしてくれている。    正月の縁起物と知られている「千両(せんりょう)」。    花が少ない日本の冬に鮮やかな実を着かせます。    赤い実と黄色の実の樹木は別ですが、    取り混ぜて持ってきてくれました。    2016年も最終日。    大掃除や、やり残した事が多い一年でしたが、    「年越し」は家族全員で。    ......長女だけは彼氏とディズニーランドで年越し?    結婚予定も有るし、良いか。     年齢と共に「の~んびりした大晦日」を迎えたいが、     年末までバタバタしている1年でした。      皆様、      良いお年を告ぎ越し下さい。

続きを読む

庭先のひまわり

これから灼熱の真夏を迎えます。 (すでに暑いですが.....) そんな蒸し暑さを少しでも和らげたいもの。     妻が面白半分で種を植えたらしい。     春先に芽を出したので、踏みつけない様に気を付けてました。     「ミニひまわり」の品種ですので、     人の肩~腰くらいでの生育。          花も一回り小さい。     庭先にはちょうど良い大きさと感じます。     青空と黄色の花は「夏」のイメージが深いのです。     なんか、夏が来たな~って!     庭もちょっと華やかになって良い良い。     太陽の移動に併せて花の向きを変えるので有名。     花言葉でも「ひたむきな愛・情熱」の意味が多いです。     ひまわりの花束をプレゼントされたら、ドキドキ物です。     我が家初の「庭先ひまわり」。     庭で1回育った植物は、翌年には更に群を成す。     ひまわり畑になったら、どうしよう......     ま~それも嬉しいんですが。     

続きを読む

シソベーゼ・パスタを作ります。

各種バジルの代わりに「シソ」のみのソース。 パスタの王道「ジェノベーゼ」を日本風にアレンジです。 誰が名付けたか「シソベーゼ」。    パスタを鍋でゆでた後、フライパンの準備です。    (ゆでたパスタは、くっ付くない様にオイルを軽くまぶしてます。)    オリーブオイルを加熱し、十分に温めます。    ニンニク・鷹の爪(赤唐辛子)を入れ、オイルに香り付け。    強い風味が好きなら、このままパスタ投入。    上品に仕上げるなら、焦げたニンニク・鷹の爪を除去します。    ここから一気に強火&短時間勝負。    パスタを入れたら塩・コショウで軽く味付け。    1分、炒めたら惨敗。    一瞬で終わらせます。    火を止め、「シソベーゼ」ソースを大さじ1杯。    良く混ぜれば完成です。    でも!    もっと美味しくなる旬の素材。    釜揚げシラスです。    贅沢に生シラスは更に美味しい~!    絶対に炒めない事。    最後の余熱で一瞬で混ぜるだけが最高。    シソの風味と海の香りが絶妙なパスタ。    シソベーゼ・ソースにナッツが入っているので、満腹感があります。    好みでパルメザン・チーズで仕上げ。    男性・女性、子供も大人も、    皆が好きな味付・素材でしょう…

続きを読む

「シソベーゼ」は作り方簡単。

イタリア料理で有名な「ジェノベーゼ」ソース。 ペースト状になって売られているが、調理の際はオリーブオイルでソースに戻す。 パスタや肉料理に良く合います。     ジェノベーゼの緑色はバジルの色。     口の中に入れた時のニンニクとのハーモニーは格別です。     ハーブを育てていれば、良いのだが......     日本の気候では難しさもあります。     初夏の気温で、ウッドデッキ付近は様々な植物が顔を出します。     色々な植物に混ざって青シソも。     毎年、大量発生します。          元は、プランターで育てたシソの種が根付いた庭。     まだまだ小さいですが、これからドンドン伸びます。     血液サラサラ効果は有名です。     料理でも様々に活躍してくれる優れもの。     今の時期の若葉は柔らかい。     毎日の収穫でも追いつかない成長なので、     保存食のソースを作ります。     準備するのが、私のビールの友。     ピーナッツです。     「ナッツ健康法」なんて最近有るほど。     色んなナッツでも試す価値はあります。     (今回はたまたま有ったピーナッツで。)           パルメザンチーズ。      シソの青臭さと苦味を中和してくれます。      …

続きを読む

紫陽花の季節

新緑の息吹が増し、 自宅の周りは、すっかり黄緑~深緑に染まっている。 本日も、庭に次々に顔を出す「竹の子刈り」で大忙しです。 放置すると..... 庭は「竹林」になってしまう。    紫陽花の便りを鎌倉居住の知人から。    観光で賑わっているんだろうな~・・・    平日でも、花を見るより人を見に行く様な状態でしょう。    居住地でもアジサイは沢山、花を付けています。    近隣の山に生育する「山紫陽花」から庭に接ぎ茎し、    毎年、各庭を彩る見事な色々。        我が家には紫陽花が無いので、    気の毒に思った?近所の奥様が届けてくれた「華」。    アジサイらしい涼しげなブルー。    湿気を忘れさせてくれる爽快感を感じます。    良く見ると.....    小さな蕾が沢山有るんですね~。    首を垂れる位に沢山の華を付けた、    白い花々。    紫陽花って、    一言では表せない色んな品種が有るんですね!    「まるで夏の花火」って感じる品種。    紫に近いピンクが、なんとも可愛いらしい。    こちらは、毎年頂いている鈴状の花。    お向かいの庭からのプレゼントです。    おかげ様でダイニングテーブルは華やか。       …

続きを読む

スローなテーブル

生活は、よりスローな時間で過ごしたい。 『ゆったり』とし、リラックスした空間で過ごす。 社会に出れば、生活環境の違う人間と接しなければならない。 「ギャーギャー」と騒がしい人は苦手です。 残念ながら..... 自己主張だけでしか、存在できない人は身近にも居る。 「自分勝手」って言葉はズバリですね。                 人間社会の疲れを取ってくれる。      家族と共に過ごす、      生活環境での「視界」はとても大事だと思います。      「リビングテーブル」。      窓からの春の庭先は、新緑が皇后しい。      テーブルの片隅にも小さな息吹。                             ハーブを主とした小鉢達です。      爽やかで、落ち着いた香り。      「虫除け」にも成ります。      「パセリ」は良いです。      食用に摘んでも、ドンドン葉を付けるし、      深いグリーン色のコントラストも好みです。      見ていても可愛らしい。      たまに、ビールのツマミに.....      塩を掛けて食べちゃってます。      苦味はナッツに負けない塩とのハーモニーです。

続きを読む

ハイビスカス咲いた。

ハワイ島には普通に咲いている花。 民家の垣根などで良く見かけました。 昨年の冬・・・・ 妻が職場から鉢を持ち帰り、『日本でもさくのかな~?』 って思いながら、室内のテーブルの上で観察。 小さな鉢ながら、大きな花を咲かせました。 蕾みも次々に付けてます。 真紅の花は活気を感じる。 なんか、 ウクレレを久しぶりに弾きたくなって来ました。

続きを読む

起きだした生命達

最近、初夏の気温の日が有ったり、 寒かったり....... でも。 我が家の庭の生命達は春を感じ、 躍動の準備を始めています。 「ヤマモミジ」は新芽を出し、 更に枝の成長の準備です。 紅白の「花桃」の樹の下では。 2匹の亀が冬眠から覚め、「日向ぼっこ」してます。 庭先で目立つ存在と成ったのは、 「シマトネリコ」の子供達です。 いたるところに生え始めました。 親樹から種が拡散したのか? 『このままではジャングルに成ってしまう!』 鉢に移し替え、育てる事にします。

続きを読む

庭の大掃除。

「落ち葉」が蓄積する季節。 年末ともあり、掃除する事にしましょう。    敷地には、    モミジ・シマトネリコ・黒竹が生えています。    モミジ     → 落葉樹なので紅葉の後、沢山の葉を落とします。    シマトネリコ → 細かく、硬い落葉。小さいので砂利内に潜る。    黒竹  → 細長く大量の落ち葉。    造園業者が使う「ブロアー」です。    空気を凝縮して吐き出すマシン。    この手は「リョービ」が得意分野です。    電気式(100V)ですが、十分な働き量。    エンジン式もある。    吸引も出来る優れもの。        一気!に、大量の落ち葉を片付け。    「ほうき&ちりとり」では、性に合わないのです。    

続きを読む

「花桃」やっと

玄関入り口の紅白2本「花桃」の樹。 桃科なので桜より早く開花するはずが、 『なかなか蕾が開かないな~.......』 桜前線と同時に開花。 昨年も同じでした。 本当に短い花の命。 しかし、色彩は鮮やか。 「真紅」と「純白」との表現が相応しい。 毎年、高さを増す成長。 かわいらしい大きさですが、 こぼれんばかりの花びらです。 家の窓からを計算して植えつけたので、 春の息吹を屋内に伝えてくれます。 特に朝の光での神々しい艶やかさ。 起床時の殺風景なリビングに活力を導いてるかの様です。 1年で一番好きな季節。 穏やかでマッタリした空気が好きなのです。

続きを読む

春色窓

我が家には無数の窓が存在し、役割がある。 それは、壁に掛けた「絵画の額」の様に..... 気分によって衣替えをするのも楽しみ。      だが...... 季節の移り変わりの美しさを感じたい。    計算した所と偶々も存在する。    自分だけの楽しみだけでは継続出来ない。    家族や来賓の豊かさの支えがある。    ポスターや著名画家の絵画では表現できないリアル。    本来、芸術とは身近で自然な存在なのでしょう。    人が作った「物欲」より、    自然と共存する「欲」を頬張りたいと思う。    4月の窓達に教えられた本日でした。

続きを読む

「たけのこ」ニョキニョキ。

毎年、この季節..... 見張ってないと『大変な事に!』なる場所です。 「黒竹」を数本植えつけた敷地の一角。 根が張り、ドンドン竹の子が生えてきます。 ほおって置くと、竹で埋め尽くされる勢いの季節。 小さいうちに「摘み取り作業」は欠かせません。 『許す場所と許せない場所』は、1日で変化する「竹の子」との追いかけっこ。 油断すると「ウッドデッキ下」や「基礎の水切り」を軽く圧迫してます。 手で捻る様に摘み取ると簡単。 土中からであろう吸収した水分が大量に出てきます。 どの竹を育て上げ、生育に合わせ剪定するか。 植物の特性をよく調べ、理解するのは大変と思いますが、 育てる管理の方が数倍楽しい。

続きを読む

茅ヶ崎の食材

「茅ヶ崎の著名な食材」と言ったら海産物でしょう。 でもでも。 海と山が存在する環境です。 ご近所様からの収穫プレゼント。 わざわざ「あく抜き」して大量に持ってきてくれました。 「煮付け」や「炊き込みご飯」など...... 私は「焼きたけのこ」が大好きなので~す

続きを読む

「花桃」満開!

「桜」が満開になった関東地方。 木々の息吹を感じ、 街並みは華やかに彩られて来たような感じです。 庭の「花桃」。 今年も元気に開花しました。 昨年まで花が少なかった「赤」(次女の樹)。 「白」(長男の樹)を上まわる勢いで花を付かせてます。 上へと成長し、横へは広がらない。 毎年、1.5倍くらい伸びてます。 リビングからも楽しめる。 新緑と青空。 加えて、純白と真紅の花が窓を彩ってます。

続きを読む

少しずつ、春の訪れ。

まだまだ、寒い日が続きますが、 植物や動物は気付いてます。 春が近いこと 庭の草木の息吹を感じる今日この頃。 「花桃」の木もつぼみを着け始めました。 桜の開花より一足先に、見事な花を開きます 奥秩父から譲り受けた「山紅葉」 毎年、元気に育ってます。 引越しの環境変化にも負けない生命力。 周りの動植物から エネルギーをもらっている「生活環境」です。

続きを読む

「山紅葉」の躍動。

桜が満開の季節です。 我が家の庭の草木たちも躍動を始めました。       3月の山紅葉。       気温も低いので、ほとんど枝だけの状態です。       4月上旬になると、枝の先端が赤く色づきます。               最近、一気に葉を出し始めました。        幼い葉は先端が赤く、徐々に緑と成ってゆきます。        夏には緑の葉に覆われ、秋には紅葉して赤くなる。        季節を感じながら、ユッタリと生活しています。

続きを読む

水槽レイアウト変更。

数十匹のグッピーが生息する「90cm水槽」。 水草のレイアウトを変更します。    「アヌビスナナ」の定着が良いので、更に3株追加。    流木や石にも根付くので、水槽内ボリュームに多様化します。    「アマゾン・ソード」を4株追加。     大きな緑の葉(葉が「剣=ソード」の様に垂直にのびる)     背景にGOOD。     次から次に生まれて来る稚魚の「隠れ家」でもある水草。     水槽立ち上げから約1年半。     少しずつイメージに近づき、安定してきました。     「アクアリュウム」は奥が深い!     手強いほど、燃えてしまう性格です。         (家族の冷たい視線を浴びながら.......) 無農薬!20cm水槽用!■おまかせ水上葉 レイアウトセット 20cm水槽用 4種(1パック)charm 楽天市場店※水草のみの商品です。画像にある水槽などの器具は別売りです。水上で蓄えられた活力や新しい水環境に慣れ楽天市場 by ウェブリブログ 無農薬!60cm水槽用!■おまかせ水上葉 レイアウトセット 60cm水槽用 8種(1パック)charm 楽天市場店※水草のみの商品です。画像にある水槽などの器具は別売りです。水上で蓄えられた活力や新しい水環境に慣れ楽天市場 by ウェブリブログ 水槽内のチューブをすっきりレイアウト!L型ホース継ぎ手いぶきエアストーンこのL字型のつなぎを使え…

続きを読む

「花桃」開花!

まだ満開までは行きませんが。 最初の「つぼみ」が開花しました。          「純白の白」。     こちらは長男にプレゼントしたものです。          「情熱の赤」。       次女の所有と成ってます。     これから次々に開花し、順番を待っているかの様。      毎朝、「開花状況」を確認するのが日課になりました。      満開が楽しみです。

続きを読む

「開花」秒読み。

このところの初夏の様な暖かさで、 はち切れんばかりの花桃ツボミです。             パンパンで、花びらが噴き出しそう。          赤ちゃんが生まれてくる位、ドキドキします。               赤桃の花びらは「真紅」。               満開になると、独特の色彩を表現します。                  沢山のツボミを付けた花桃。                「春のクリスマスツリー」と例えましょう。                         開花までもうすぐ。             「春の嵐」の風に、負けませんよ~に            

続きを読む

春近し。

昨年の今頃、植えつけた「花桃」赤&白2本。 昨年は綺麗な花を見せてくれましたが....... 『無事に根をはり、越冬してくれるか?』        冬には枯れ果てた姿でしたが、 小さなツボミが沢山。            最近の暖かさで躍動を始めました。            「赤桃」君も遅れながらツボミが膨らんできました。               綺麗なピンクが覗き見れます。        「白桃」君は 今にも咲き出しそうな膨らみです。                病気も無く、元気な姿で安心しました。                                 2つ並んだ「花桃」。                   紅白に色づく日が待ち遠しい。                    『 春よ来い!  』

続きを読む