テーマ:熱帯魚

変わり種ベルベットブルー発見

水温・水質ともに安定している「玄関水槽」。 稚エビも沢山、生まれてます。 そんな中で、 変わり種の品種が、たまに生まれると聞いたことがあります。 普通のベルベットブルーはこんな深いブルー。 1匹だけ、白と青の縞模様を発見! 他の品種は混浴してないので、 突然変異?かな。 …

続きを読むread more

エビのベビーラッシュ

玄関の60cm水槽で飼育している青い淡水エビ。 「ベルベットブルーシュリンプ」。 水槽の中に、 色々な大きさが存在している。 小さな個体は、よく見ないと気付かない大きさです。 ジッと水槽内を観察していると、 微小な粒状が動く。 顔を近づけてみると、小さな稚エビが固まってたりします。 毎日、…

続きを読むread more

稚エビの成長

60㎝水槽で産まれた稚エビ達。 現在、確認された子供は4尾。 同時に確認しないと数えられないので、まだ居ると思われます。 産まれた直後はよく見ないと小さなゴミと間違えるほどでしたが、 数日でだいぶエビらしくなってきました。 画像の上、親エビと同じように綺麗なブルーを発色しだしました。

続きを読むread more

エビの赤ちゃん

昨年末から玄関の水槽に暮らしている 「ベルベットブルーシュリンプ」 脱皮をしているところは見えましたが、 産卵の様子はうかがえなかった。 が!、、、 小さい稚エビを発見。 小さすぎて注意しないと気が付かないほど。 水槽には穴が無数に空いた岩が中央に鎮座しているので、 岩の裏や穴の中など、 卵を抱…

続きを読むread more

ベルベットブルーシュリンプ飼育開始

先日、立ち上げた玄関水槽。 水質を安定させるため数日間、生物を入れないままフィルターポンプを回していました。 エビの飼育をしたかったので、インターネットで情報収集の結果。 「青」が見事に綺麗なエビの画像に一目惚れ。 近隣では入手出来ないので、ネット店舗で購入です。 生物のインターネット購入は初め…

続きを読むread more

玄関60cm水槽リニューアル

玄関に家の建築当初から60㎝水槽があります。 最近になって「なんとなくイメージが沸いてきた!」 っという感じで一気に作っちゃいました。 水槽は管理が大前提になるので、扉は開閉式。 中にはLED電球を仕込みます。 簡易に開閉出来る様、丁番とマグネットロック。 水槽下部は壁(石膏ボード)を…

続きを読むread more

90cm水槽リニューアル

リビング中央部に鎮座する「90cm水槽」。 10年以上稼働していると流石に....... 汚れなどで荒れてきます。 と、いう事で。 底砂を砂利に入れ替え、 長年沈んでいた「流木」を綺麗に洗い、 水草やモスのベースとなる「疑似草」を設置。 前面に空間を大きくするレイアウトに。 今まで黒だった水槽の縁も白く塗…

続きを読むread more

また!赤ちゃん

生物の誕生は感動的です。 水槽の掃除の為、水を「五分の一」ほど交換。    『水替えすると稚魚が生まれる』の法則。    毎回、裏切らないでくれるグッピー達です。    水替えの翌日は要注意!    稚魚が泳いでるので救い出します。    (食欲大性な「親グッピー」に捕食されるので・・・・) …

続きを読むread more

グッピー稚魚水槽

結局、10匹の稚魚を「親水槽」から移動しました。 他に居ないようなので、一段落。          水草が多い「親水槽」なので、    影に隠れていた稚魚が出てきたり。    半日掛けて産卵するメスも居るので、    なんとも言えないが、本日は終了かな?    稚魚用水槽は直径20c…

続きを読むread more

赤ちゃんが生まれた~

今朝も私の日課。 まずは、ウサ2羽のゲージをお掃除した後、 2個の水槽を管理・餌やりなど..... 「グッピー水槽」の魚の様子をなんとなく見ていると・・・・・・      90cm水槽内でヒュンヒュン動く小さな物体。      『あっ!産まれている。』      朝は親グッピーの食事の時間。 …

続きを読むread more

LEDによる植物育成

先日、ノーベル賞で大話題になったLED。 さすがに直視すると厳しい光量だが、 植物に必要な光波長を効率よく照射し、育成に大いに役立つ事が分かった。    光量不足に成りがちな水槽内。    直射日光を避け、涼しい場所に置く事が常識。    光が届かない場所での植物育成に最適です。          …

続きを読むread more

ドイツイエロー・タキシード

リビングの中央にある90cm水槽。 今年の夏に最後の生態が逝った後、清掃しながら、 生態が居ないまま管理してました。 グッピーを繁殖しながらの6年間。 初代は「ブルーグラス」「コブラ系」で賑わっていました。            ↓ http://splexmani.at.webry.info/…

続きを読むread more

水の中の New Face

最初に紹介。 「アベニーパファー」達です。 『淡水フグをいつか飼ってみたい。』と思ってました。 魅力はこの表情。 水槽を覗くと..... 『何か用?』って感じ。 目と目が合った瞬間に「恋」をした 世界最小のフグです。 「海水フグ」「汽水(海水と川の合流地点)フグ」「淡水フグ」で それぞれ生息域が違います。 人…

続きを読むread more

水槽レイアウト変更。

数十匹のグッピーが生息する「90cm水槽」。 水草のレイアウトを変更します。    「アヌビスナナ」の定着が良いので、更に3株追加。    流木や石にも根付くので、水槽内ボリュームに多様化します。    「アマゾン・ソード」を4株追加。     大きな緑の葉(葉が「剣=ソード」の様に垂直にのびる)     背…

続きを読むread more