寒川神社 ねぶた飾り付け

近隣の寒川神社。
新春恒例の「迎春神話ねぶた」を神門に飾り付けです。

image1.jpeg

ねぶたを飾るのは二十回目。
大型の「ねぶた」がトラックで運び入れられました。

image0.jpeg

最初の天皇とされる神武天皇が即位するまでの神話をモチーフに、
神武天皇と金色の光り輝く大きなトビがモデル。

image3.jpeg

製作者は、青森ねぶた大賞を受賞するなど、ねぶた作りの第一人者の北村蓮明(れんめい)さん(71)。

image4.jpeg

横幅9m、高さ2・6m、奥行1・7m。
夜間は約300球の電球で浮かび上がる仕組みになっている。

image3.2.jpeg

重機を使って鋼鉄製のベースに取り付け。
20日は試験点灯。

image6.jpeg

本点灯は1月1日の午前0時から。
正月三が日は夜通し、4日(土)からは日没から午後10時。
2月3日(月)まで点灯されます。

image5.jpeg

本殿内にも小型のねぶたが輝いてます。

"寒川神社 ねぶた飾り付け" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント