ウッドデッキをリニューアル

約10年間、大活躍したウッドデッキが傷んできた。
やはり....
ウッドデッキは最高の居心地だが、メンテを怠っていました。
「腐り」を確認したところ、根太部に及んでいた事から、
全解体に及びました。


     10年前の木材知識・作業を見つめ直し、
     丁寧に組み立てます。

画像


    「材」はあらかじめ木材保護塗料で寝かせてあります。
    塗料は木材に浸透し、表面に余分な塗膜を作らない物を選びます。
    木の通気性を保つため木の呼吸を妨げないので塗膜のフクレ、ワレがおこりません。
    例えば→  http://www.xyladecor.jp/





    切断の「小口」は十分に染み込ませる様に処理。
    木材の内部に浸透し、内部から防腐・防カビ・防虫効果。

画像



    「イペ」「セラガンバツー」「ウリン」材を選んだ方が完璧だが、
    かなり高額に成り、硬い感じに仕上がる.......

画像

   
    私の求めるデッキは木材の柔軟性を感じるられるデッキです。
    この天板は「ACQ注入材」1×4ですが、芯はホワイトウッド。
    防腐と歌ってますが、ちゃんと処理します。
    (ACQ材は、世間に出たては加圧注入してましたが、現在はプール漬けらしい。)
    しっかりと内部にACQが入っていません。
     


    
    天板を組み、「変成シリコン」アーバン色をガンで隙間を埋めます。
    「変成」でないと塗料が乗りません。
    一日経つと完全に固まりますが、1時間ほどで塗料を再塗装すると、
    馴染む感じがする。
    (この下は物置き場にするので、雨水を防御します。)

画像


    ステンレスビス(フレキ付65mm)でダイレクトに打ち込んでますが、
    構わず、塗料二度塗り状態。
    ビス穴にも浸透し、ビス頭も同色に成ります。
    画像はテカテカ色ですが、1日経てばシットリとした感じになります。
    (全体完成後にもう一塗りします。)




    実は「根太」部の工夫が大事。
    人が歩く部分とそうでない部。
    快適な歩行と居心地を考えます。

画像


    人の歩行の芯は「45×90米松」で強固に。
    天場の柔らかな感触に「36×45(インゴ角)栂」を選びました。
    下部なので、いずれも防腐塗料1回塗りです。
    リビングより「はき出し」位置が高い和室デッキが完成。



    リビング側も作業。
    ここは庭へのアプローチの為、勾配は強い。
    デッキへの昇降部は人間の膝より下が好ましいのです。
    以前のデッキの反省点でもありました。

画像


    この部分は上下の風流動を促すため、天板の間隔を空けます。
    約4mの「縁側(えんがわ)」みたいな感じ。
    

     『ウッドデッキは水平ではダメ!』
    前回の反省です。
    木材天場に雨などによる水分を溜めてしまうと最悪。
    屋外なので、微妙なレベルで製作します。
     

"ウッドデッキをリニューアル" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント