ウクレレ改造 その2

新しく購入したテナータイプのウクレレ。
改造目的での購入と言っても過言では無いのです。
前記事でのヘッド・ペグ塗装の次の作業です。








   弦の付け根「エンドブリッジ」をカマカ風に!

画像


   まずは弦を全て外して準備します。
   ブリッジは柔らかい木なので、爪でも簡単に傷が付いてしまう。



   


   使用する素材は合成樹脂、
   プラスチックで十分でしょう。

画像


   石膏ボード用のジョイナー(見切り材)。
   L字アングルをカットして使います。
   厚さは1mm。

画像


   ブリッジの幅・高さを計測して切り出します。
   カッターの刃を数回入れれば、簡単に切れます。

画像


   切断の後は研磨です。
   角を取って柔らかい感じも良し!
   鋭角でシャープ感も良し!
   ここはセンスで。




   ブリッジに仮当てし、サイズ確認。

画像


   同時に弦を通すホール(穴)の位置付けをします。




   実は、最も難しい作業でした。
   元々が大雑把(日本人には許せない作業)だったか?
   ホールの位置が一定では無い。

画像


   ホールの位置をマーキングします。





   インパクトを利用してドリルで綺麗に開けるのだが、
   ツルツルの素地はドリル先端が踊ってしまい、
   中心が定まらない。

画像


   そこで「ケガキ・ペン」。
   私が愛用しているのはシャープペンシルの様なノック式。
   先端は鋭利で、あらゆる素材のケガキ・穴開けをこなします。



   
   ケガキでマーキングした後、
   ピンバイスで穴開けです。

画像


   インパクト用だが、素材が柔らかいので、
   手動でも開口出来ました。

画像


   とっても「不揃いな穴達」。
   ブリッジを調整しながら取り付ける必要が有る。

画像


   木とプラが接合できる接着材を塗り、
   一昼夜固定します。




   ブリッジエンドが完成!
   っと思いましたが......

画像


    まだまだ、この部分は改良せねば。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック