辻堂駅100周年記念祭に参加

地元でお世話になる機会が多い辻堂駅。
乗降者の多い「茅ヶ崎駅」と「藤沢駅」の間で発展して来た駅前です。



  北口には「湘南モール」「テラスモール」などの商業施設も充実し、
  法務局や大手の会社ビルなど。
  昔の面影が無いくらいに変貌した。
  (南口の雰囲気はあまり変わってませんが。)

画像
 

  2016年11月26日(土)・27日(日)に
  駅周辺で記念式典やパレードなどのイベントが開催されました。


  
  辻堂駅は国内初の地元請願駅として誕生したらしい。
  地元の強さは今も受け継がれていると感じる。
  
画像


  もちろん、私が生まれる前の話です。   



  海の近くともあり神社も多く、各自治体の神輿も多く参加。

画像


  駅に直決のテラスモール周りではイベントが次々に開かれている。

画像
 

  朝まで雨模様でしたので、徐々に来場者も増えて行く。

  

  2日目の日曜日。  
  「ウクレレ・マーチングバンド」の一員としてパレードに参加しました。
     
画像


  地元で活動している団体のパレードですが、
  音楽隊は7組と少なく、ちょっと寂しい感じです。



   

   我がウクレレ隊の楽曲は「浜辺の歌」1曲の繰り返し。
   辻堂ゆかりの音楽と知っている人も少ないのです。

画像


   日本の代表的な唱歌の一つとされてますが、、
   作詞家の故・林古渓氏が幼少期に辻堂東海岸付近の浜辺を歩いた記憶を歌ったとされ、
   湘南の海を歌った代表曲でもあります。
   


   8::00、明治公民館・健康プラザ体育館に集合
   注意事項説明・経路と時間を各自確認します。
   短時間練習をし、8::35 明治公民館出発です。

   パレードの開始待機地点(ココテラス前)へ移動します。   

画像


     8:45~9:30、この待機地点で待機です。


    
     9:38~9:43、シークロス公園横の道路を、北口バスロータリーまでパレード。

画像


     約10分ですが、
     演奏&大声で歌いながらの振り付け有りの行進。
     経験しないと判らないですが、非常に疲れます。
     



     パレードの順番で並びます。
     楽隊としては最初なので、目立つかな?

画像


     先陣群の出発は音が無いので分からない。
     


     いきなり、『行きま~す!』
     先導の、こはる先生の合図。

画像


     とにかくマイペース。
     でも、楽しく。
     (中央左後の黒衣装が私です。)

画像


     年齢の幅が広く、誰とでも楽しく語らえる人が集ってます。
     こんな人達との活動は、自分の壁は無意味。
     思いっきり!皆で楽しんじゃいます。



      
     北口パレードの終点、バスロータリー。
     残念ながら、この付近に観客は居ません。

画像


     後ろの「ボーイスカウト」隊に少し遅れ、
     「藤沢市消防楽団」が入って来ました。



     テラスモール南側、線路沿いの道路を通り、
     辻堂駅西口改札付近まで移動します。
     歩道橋を通って線路南側へ。

画像


   「初多良公園」まで移動します。
   15年前、居住していた近所なので懐かしく思う。   

画像

   
   黄色の衣装がチームの中心であり、私の先生こはる師匠。
   待機時間が長いので、各々近隣のファミレスや喫茶店へ。
   私は、同じグループの田中さんとクリスマス会の練習をしてました。





   待機時間が長いのがパレードの宿命です。
   いよいよ「南口商店街パレード」開始。

画像


    商店街を通り、駅前へ。
    巨大な山車が鎮座した前をパレードします。

    南口は道幅も狭く、沿道の見物客の皆様も近い。
    「浜辺の歌」を手拍子で歌う方も多いので、歌声も自然に大きくなります。  




    約80名(正式には数えてませんが。)
    雨天欠場もギリギリ状態でしたが、天が見方してくれました。

画像


    『何かを持ってる』ウクレレ・マーチングバンド。
    今後も力強く活動してゆくでしょう。
   


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック