乾電池の液漏れによるリモコン修理

懐中電灯やリモコン、おもちゃなど、
乾電池を入れっぱなしで電池から液漏れ....
白い粉が付着し、接触部にこびり付き......
とりあえず拭いたりして掃除するが、通電はしなくなる。




    修理に出したり、買い替えたりするでしょう。
    こんな「困った」の対処法を紹介。
   
    我が家の天井に設置しているファンのリモコン。
    見事に液漏れによる接触不良で起動できない状況です。

画像


    アルカリ電池なので、液は強いアルカリ性。
    金属を腐食されるだけの劇物指定なのです。
    手で触れるのは危険なので、ゴム手袋などで作業しましょう。


    気付いた時は、乾燥して粉状。
    白い粉は、空気中の二酸化炭素と反応して炭酸カリウムが正体。

画像


    まずは粉の除去。
    古い歯ブラシなどを利用し、出来るだけ粉を落とします。
    (液の場合は安全に拭き取ります。)
    腐食した金属が見えてきました。
    これでは通電する訳無い!



    まずは「紙やすり」で電池が接触する部分を磨きます。

画像

    
    耐水ペーパーより「空磨き用」が良いと思う。
    薄い金属なので磨き過ぎない様、400~600番でOK。


  
    「完全復活」を目指したいので、液体研磨剤で磨きます。
    『とりあえず通電すれば良い。』って場合はこの作業を飛ばしても。

画像


    金属やプラスチックの曇り除去に使う「ピカール」。
    研磨剤の代名詞です。
    電池ケース内の金属は小さい(コイル状は細い)ので、
    綿棒に少量にじませ、磨くだけで表面が滑らかに成って行く。




    ここからが重要な「ケミカル剤」。
    私の知人、電気工事技師から教わった手法です。
    
画像


    電子基盤などの電子部品は必ず劣化する。
    プロがよく使うのが潤滑剤クレ工業の「556」。
    「復活剤スプレー」もありますが、成分は同じ様で.....
    (価格は約3倍します。)
    スプレー後はしばらく馴染ませ、軽く拭き取り。
    


    
    以上の作業を経て、交換するしかなかった「リモコン」。
    完全復活です。

画像


    左側が通電を表す液晶画面。
    
    


    アイバニーズの「エレアコ・ベース」も復活させます。
    チューナー・イコライザーが付いているので、
    「乾電池使用」なのです。

画像


    リモコンと同じ様に電池BOXを清掃します。   

画像


    こちらは腐食部が平板だったので、簡単でした。
    チューナーのランプ点灯で通電を確認。

画像


    基盤などに液漏れの場合は重症処置が必要かもしれない。
    (プロは基盤でも使うと言ってましたが....)
    とりあえず、電池BOX位ならこの方法で復活します。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック