「リフォーム」と「リノベーション」の違いって?

私は新築を含めた双方に携わる仕事をしている。
「リフォーム」=現状建材のリニューアル。
「リノベーション」=居住空間を変える。
簡単な言葉ですが、なかなか難しい計算が要るのです。





     施工者と居住者とのイメージはギャップが付き物。
     「自分で施工するのが一番」ですが.......
     材料調達・施工道具を考えれば、プロに頼むのが正解。

     自称「オールランド・プロ」。
     大工の物まねで自宅リノベーション。

画像


     「木製ダボ」って呼ばれる材。
     木材にビス打ちだけだと、DYIっぽい仕上がりに成っちゃいます。

     ダボのサイズは数種類。
     打ち込みたい「ビス頭」でサイズを選びます。
     一般的には10mmが良いでしょう。




     
     専用の「キリ」(ドリル歯)が有ります。
     私はインパクトを多用している為、
     「インパクト用ダボ10mm」専用で加工。
     
画像


     ビスを打ち込み。
     天場(上部)のレベルは「水平器」で。
     



     



    ダボをハンマーで打ち込み。
    最後まで叩きい入れるより、
    ダボが固定される具合が良いでしょう。
    
画像


    1~2mmの出っ張りを残し、カットします。
    普通のノコでも良いが、垂直に!




    出っ張りをハンマーで叩いただけで、この状態です。 

画像


    更にペーパー(紙やすり)で仕上げればGOOD!
    カンナが有れば、一発で綺麗な仕上がりです。 

    やっと「ステップフロアー」の壁面・台座が完了。
    縦45mm・横30mmの栂材です。
    かなり頑丈なので、スノコ天材としても使用します。    


  


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック