正月にSTAR WARS

2015年の暮れ、
新たな物語「エピソード7」が全世界公開となった。




    ウォルトディズニー会社が「ルーカスフィルム」を買収。
    監督は、J・J・エイブラムス氏。
    ジョージ・ルーカス自身は「エピソード1~6」までの様に製作総指揮は行わず、
    「クリエイティブ顧問」となり、実現した作品。
    
画像

 
    最初の映画化は「エピソード4」1977年。

    中学生だった私は、1人で池袋へ行った際。
    公開中の映画館の前を通った私は、
    劇場内へガマン出来なく飛び込んだ。
    その時、数日後に友人と観に行く約束は頭に無かった。
    当時は入場すると何度でも鑑賞でき、
    気がつくと......
    6時間以上も見ていた。
    その後も友人達と数度、観にいった記憶がある。
    「SF映画」の幕開けの時代である。




    


    「エピソード4~6」、「エピソード1~3」の順で公開され、
    CGでリメイクされた公開映画も全て映画館へ足を運んだ。
    そして・・・
    新しい体験をする。

画像
  

    昨年の年末。
    事前にネット予約(席まで確保出来る。)をして、
    近隣の「湘南テラスモール」に入る「109シネマズ」で鑑賞。




   
    まだ新しい施設なので、楽しみです。
    チケット料金は少し高く成るが「IMAX 3D版」。
    長女を除く(既に彼氏と観ちゃったらしい。)家族4人で。

画像


    このシアターは初めてなので、点在するスタッフに色々と聞く。
    「妖怪ウォッチ」も同時公開なので、家族で混雑している。
    幼少の子を持つ親は『可愛そうだな~......』っと、
    子供の成長に有難味を感じた。







    
     「発券機」です。
     ネット予約で返信される「予約番号」・
     予約した際の「電話番号」をタッチパネルで打てばOK。

画像

    
     「湘南テラスモール」全店共通のポイントカードも同時に付与される。
     機械下部の排出部から人数分のチケットが発行されます。







     開演10分前に成らないと、入場出来ません!
     案内が放送されるので、待機します。
     (入口の上に「入場可能タイトル」が表示される。)

画像


     やはり!大御所。
     「シアター10」での案内です。
     (シアター1~9は、IMAX 3Dでは無い。)




     正直、座高の低い子供達を連れての鑑賞で心配でしたが、
     『良く出来ているシアターだな。』

画像


     勾配がきつくなっている座席配置なので、
     前席の人の頭は全く気にならない。
     
画像


     音もクリアー。
     画像も鮮明度の局地。
     特に砂塵や火の粉が目の前を舞い、
     物語に入り込んでしまう空間を経験できました。





     今回に際立り、
     多く演出された「Xファイター・ファルコンVSタイファイター」のドッグファイト。
     戦闘機が飛び出て来る「ど迫力」は圧巻。
     あたかも操縦席に居る感覚。

画像


     「公開まで、ストーリーは極秘」だった為、
     心底楽しめた映画であるが、2・3度足を運びたくなる気分。
     『やはり、3Dで!』
     「ルーカス・フィルム」は観る物を歓喜させる天才。

     有名な遊園地のアトラクションより身近で体験でき、
     満足出来る時間を堪能できます。

     初めて観る人でも感動できるストーリーになっているが、
     「エピソード4~6」をDVDで観てからの方が数倍面白いと思う。
     ロングランに成ると思うので、心の準備が出来たら観に行きましょう!


     最高の「お年玉」を頂いた気分です。


     


 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック