ギターハンガーを作った。

弦楽器は持っているが、ケースに入れたままロフト部屋に保管。
ケース保管がベストだが、準備に時間が掛かる。
『思いたった時に弾きたい。』って事をいつも考えていた。




   市販製ハンガーも有るが、鉄製で金額もそこそこする。
   漆喰の壁・檜材が露出した部屋の雰囲気を壊さない事。
   観葉植物との調和も大事です。

画像


   最も重い「アコースティック・ベース」2体。
   1体/約3kgを安定して支える強度。
   最近、連発している地震でも落下しない構造。





   雰囲気を考え、木材を使用したいが素材の「切り出し」が面倒。
   100均店で発見したのが「皿」を立て、収納する木製の物。

画像


   輸入材のメリットは「硬質材」を使っている事。
   


   ネックとヘッドの太さに合わせ、ノコ切りでカットします。
   丸い棒状の部品もカットし、任意の場所に移動。
   (引き抜くのは接着してるので困難。)
    
画像
   

   移動する場所にドリルで穴を開け、切り出した丸棒を接着固定。





   洋服に使用する「木製ボタン」を使用。
   4個で108円。

画像


   丸棒の先端に付け、落下防止と考えます。





   「速乾木工ボンド」で約12時間以上固定し、
   ボタンの内側をカット。

画像


   カットしないとスムーズな取り外しが出来ません。
   事前に本体中央にビス穴を開け、ビスを入れておくと、
   壁への取り付けは楽でしょう。






   我が家は「在来工法」の為、
   壁内部の「間柱」を狙い、ビスを打ち付けてます。

画像


   「筋交い」も狙えますが、
   「間柱」の方が壁面でのノック音だけで探しやすいです。
   (針が突き出る「下地探し」で確認してます。)
   幅30mmしか無いので、出来るだけ中央を狙います。
   RC工法の家ならアンカー打ちでしょう。





   2台のエレアコベ(エレクトリック・アコースティック・ベース)。
   平行設置はカッコ悪いと考え、上下にアクセントを加えて位置調整。

画像


   左側はアコベでの原音で評判が良い「Ibanes」。
   右側は「Greg Bennett」のフレットレスモデルで、
   コントラバス(ウッドベース)並の楽しみ方が出来るお気に入り。



   

   ケースに入れた楽器は家族の邪魔物。
   ギター・スタンドに乗せたままだと、転倒破損の恐れもある。

画像


    ヘッドで吊るす事で「ネックの反り防止」にも成る。
    
  



    3台有るウクレレも設置。

画像


    出来るだけ、日光が当たらない場所を選びます。
    ウクレレは小さいので、並列が良いかな?

画像


    ちょっとお洒落になったリビング。
    清掃を兼ね、手に取る機会が増えるでしょう。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック