うさぎゲージ2匹用~DX版 製作

室内で家族同様、暮らしているウサギが2匹が居る。
今年で3歳になるメスの「ゆず」と2歳になるオスの「うめ」。

一般に売られている「ウサギ用ゲージ」は囲いのワイヤー部に、
白色のプラでコーティングされている。
噛み心地が良いせいか?
プラをかじってしまいます。





   今までのゲージはこちら。
        ↓
http://splexmani.at.webry.info/201309/article_3.html
   2匹は別々のゲージで過ごしていました。
   周囲のワイヤー部の損傷も見て取れるでしょう。

画像


  1ゲージで2匹用の「プライバシー」&「コンパクト」&
   「居住性」&「清掃」が究極なゲージは出来ないか?

   『目を付けた。』のが、「ビバ・ホーム」ペット売り場のゲージ。
   (オリジナル販売かも?)
   本来は犬/猫用ですが、スノコを敷けばOKかな?
   「屋根有り」と「屋根無し」で価格が1000円違う。
   「屋根」とはゲージ上部の開閉部の有無です。

画像
  

   このサイズでのプライスは素晴らしい。
(LIXIL系列なので、社員割引もありがたかった~。)
   「屋根有り」と「屋根無し」を1組づつ購入します。
   乗用車で運び、駐車場に置くと梱包が以外にデカイ!





   梱包は輸入品特有の汚れがあるので、
   外で外します。
   リビングで組み立て開始。

   購入前に1度、売り場へ足を運び。
   サイズや改造方法は頭の中で完成しています。
   ので!
   サクサクと組み立て。

画像
   
   
   2ゲージを縦にインシュロック(結束バンド)で連結。
   コーナーの部材がしっかりしているので、
   重ねても、安定度は高い。

   薄いクリーム色のベース部が1個余るが、
   重ねる事でよりしっかりしたベースと成ります。
   移動出来る様にベース下にはキャスター計6個を取り付けた、
   30×40木材を固定。
   床から全高1m27cm。

画像


   「開閉用扉部」2つを下ゲージに、表裏対象に取り付ける事で、
   2匹の個室を作り出します。
   パーツ移動だけの簡単な改造。
   (青いバランスボールは子供達のお気に入りです。)

   


   真ん中に「仕切り」を付けます。
   アクリル板でも良いが、「中空ポリボード」を使用。
   2mm、3×6板でも1400円程。
   透明では無く、モザイクによるプライベート。
   ウサギは寂しがり屋だが、縄張り意識も強い。

画像


   石膏ボードなどのジョイナー(見切り材)を接着し、
   カット部を保護。
   取り付けはゲージ内部に結束バンド使い、
   引っ張りながら固定するので、厚さの割に丈夫です。

   ポリ穴にバンドのテンションが掛かるので、
   「かしめ」で保護します。

画像


   「中空ポリ」は温度や紫外線にも強く、
   何より、カット&穴開けが楽。
   「千枚通し」で貫通後、+ドライバーで加工できます。

画像


   専用の「台座」と「叩き棒」で挟み、ミニハンマーで叩く。

画像


   垂直に叩かないと、しっかり止まりません。
   慣れれば簡単。

画像


   「かしめ」は、キャンプ用具シート類の改造や
   皮製品の加工でも役立ってます。

画像


   各種、大きさやデザインを各種所持、
   ケースで保管してます。
   




   穴の位置は事前に計測し、
   テンション加減に注意します。

画像


   インシュロック(結束バンド)を全ての穴に軽く通し、
   バランス良く、引っ張りながら固定して行きます。
   余った先端はカットし、ライターで焙ると角が取れます。
   結束バンドは白・黒、2種類ある。
   黒は紫外線による耐久性が高く、価格も高い。
   (百均販売品は除く。)




   「中空ポリ」が余ったので、
   同じ要領で周囲のガードを作りました。

画像


   「おしっこ」や毛の飛散防止の為、
   1階部に取り付けます。




   2階以上の、各階のフロアー。
   丸い糞が滞留しないようにスノコがベスト。

画像


    赤松材。
    厚さ:10mm、幅:40mm、長さ:約90mm。
    一般には流通してないサイズだが私の仕事上、大量に入手できる。
    乾燥材で薄く、割れば火付きも良いので、我が家では薪として重宝。
    無料で入手できるエネルギーです。
    スノコ製作にも威力発揮!

画像


    スノコを固定(乗せるだけ。)ベース部も同じ材料。
    結束バンドで取り付けなので簡単。
    スノコは清掃の為、完全固定より取り外し出来ないと。    

    木材の接続は「速乾木工ボンド」を使用。
    ビスはウサギに優しくないので。




    2階部は構造上、三角形の「スキップフロアー」。

画像


    1階の居住性と移動性を高めました。





    4階建てのスケルトン・兎ハウスが完成。

画像


    1日の大半を過ごす2匹。
    適度な運動と体の伸びが出来る環境。
    居住性はOKかな?

画像


    ゲージで拘束してるが、
    ウサギの目線で生活空間を確保してあげたい。

画像


    でも・・・・・
    ゲージから出て、リビングで滑走する事をおねだり。


    
    人間が立って観察出来る高さのゲージ。
    2匹共、食欲大性で体力が余ってる状況だが、
    ウサギの体調や異変にも気が付きやすい。

画像


    なにより、
    微妙なスキンシップは「ゆず」「うめ」には大事かな?
    「着かず離れず」って環境です。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック