ユニット鉄筋

どうしても携わりかった「建材」。
基本である基礎部は住宅の「基本!」で大御所の存在である。
基礎の良し悪しが良い住宅か?そうでないのか?
決定すると言っても過言では無いはず。





   建築現場は鎌倉。
   鎌倉山の造成区域新築用と増改築用の2棟分、
   本日、店舗に搬入となりました。
   

画像


   住宅の「基礎」を作るのに欠かせないのが鉄筋。
   現代も現場で鉄筋を切っては曲げる作業を見るが、
   受注が多い「基礎屋さん」はユニットを使う。


  





 



   ユニット鉄筋のメリットは、人足(にんそく)の人件費削減と、
   工場加工による正確さが主になります。

画像


   オーダーによる「基礎伏図」と外周筋・内周筋・
   スラブ部(今回は地中梁なし)と図面による格闘。
     






   結局、ストレート鉄筋は人足でも切断出来るので、
   スラブ筋無しのオーダーでの搬入状態です。
   (スラブ同時注文なら、現場へ直搬入OKだったのですが.....)

画像


   発注した業者は大手ですが、私と付き合いが深いので、
   私のお客様って事で....
「気持ちの入った価格」で提供して頂きました。
   M様、貸しが出来ましたね!
     



  
  
   溶接までは現場では不可能。
   普通は「番線」で結束です。

画像


   主軸になる仕事。
   「ご家族」の大切な家に少しでも貢献できたかな?

   賃貸などに住んでいる方々には、腰を据え、
   自分の環境を営んで欲しいと思う。
   周りの人達は年代を超えた「頼りになる人達」と気付くはず。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック