ロゴス「Q-PANEL iスクリーン 3535」試し張り

    キャンプ用大型用品のリニューアルなんて、
    数年に1度でしょう。
    だから『ワクワク』しちゃいます。




巡り合わせで、最終決定スクリーン・タープです。

画像


ロゴスの公式サイトです。
        ↓
http://www.logos.ne.jp/products/info/2089

新品をオークションで、
22500円(税抜)で落札した時は目を疑った。
原価に対し、利益率・サイト運営費・人件費.....等。
ラッキーだったのか?









タープ生地にポールが既にセットされた「クイックシステム」。
4箇所のポールを伸ばすだけでセットアップ?

画像


収納袋から、いざ!出します。
重さがデメリットかな~?
変な形......
これがタープに変貌するのか?







横たえた本体を立てると準備OK。
巨大な「傘」みたいなイメージです。

画像


ポールを設定通りに伸ばすだけ。
説明書が無くても分かる機能。





コツさえ掴めば簡単と感じます。
最後にキャノピー部に、
ポールをクロスする様に差し込めば完成。

画像


フライシートの生地も他社には無い光沢がある。
カラーリングも渋めの中にレッドアクセント。
キャンプ通が好む色合いでしょう。

何よりも、この立体感が素晴らしい!
ドーム型はキャンプの天敵「雨」に負けない。





タープ内は?

フルクローズで夜の冷え込み対策。
日中はフルメッシュで風通し良く、
タープ内からの景観を楽しみながら、
遊んでいる子供達の危険回避する視界を確保。

画像


キッチンシステムやテーブル・イス・食料BOX・クーラーBOX、
などを収めるスタイルなので「ドーム型」はちょっとカツカツかな?
実際にステイしてから感想します。


気になるのが「天井」部分。

画像


「クイックシステム」の宿命か?
ランタンを吊るす?フックが『とりあえず』。
メッシュシートが欲しい所.......

画像


ベンチレーションが無いので、
炎天下の「熱こもり」は注意が必要です。





キャノピーを上げると大迫力!
とても軽量なので片手で『フワッ』と持ち上げられます。
固定用のポールとペグ・シート(ロープ)も付属。

画像


ファミリーキャンプには最高のギア。
子供達が面白がって・・・・
「キャノピー開閉遊び」をしないか心配です。





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • テント・タープ連結 / 実践編

    Excerpt: 「テントでキャンプ」、1人やカップル2人なら手軽だが、 家族で快適に数日間過ごすには? Weblog: 自然無垢住宅探訪 racked: 2014-08-14 20:25