毎年、定番「クリスマス・チキン」

   ブログでの掲載は何回に成るだろう.....
   美味い!と知っていながら、
   クリスマス限定の料理となっています。



   欠かせない調理器具。
   鉄製のダッチオーブン。

画像


   鉄の保熱力と蓋の重さで、「圧力調理」。
     食材が「魔法が掛かった様」に、
           柔らかく仕上がります。

    
   
   下準備に取り掛かる。

   ジャガイモを水洗いします。    
  
画像


   「皮ごと」なので、しばらく浸けておきます。


   ブロッコリー大好き      

画像


   途中で投入するので、
   かるく「塩ゆで」しときます。



   チキンは前日から準備。
   塩水で一晩漬ける。

画像


   身が柔らかくなり、
         軽い塩味。 
     仕上がりに差が出ます。


 

   ダッチオーブンの準備。
   全体を最初に熱します。

画像


   クッキングペーパーを敷けば、
   焦げ付き防止。



   塩水漬けチキンをスタンバイ。

画像


   お腹の中までタップリ「オリーブオイル」
    オイル種を間違えると
      『しつこい味』に成ってしまいます。




   ケチャップ味のチキンライス。
   今年のファミリー・オーダーです。

画像


   「ギュウギュウ」にライス詰め。
    手間を掛けず、冷凍物でもGood。



   ライスを詰めた後は、
        糸などで縫います。

画像


   完成後の事を考え、
    大胆に!縫いつけでOK。



   まず、セロリを敷き詰めます。

画像


   「香り付け」。 
   チキンの焦げ付き防止にもなる。
   最後にはトロトロになって原形をとどめない。





   セロリの上に、
   ライスで丸々太ったチキンを乗せる。

画像


   足と手を上方に糸で縛っておくと、
   間接部が良く焼けます。





   ジャガイモを投入。

画像


   皮の面を鍋側面に付けるようにすると良い。
   皮が『パリっ』と仕上がる。



   続いて、ニンジン。

画像


   大切りでワイルドに
   甘く煮た物だと、
     更にGood!





    好みのバジルをタップリ。

画像


   肉料理には「ローズマリー」。
    他も色々とブレンド。
   自分だけの「お好みバジル」を
                   探すのも面白い。





    弱火で約3時間。
    
画像


     じっくり焼き上げ。
     竹串を刺して、
       抜いた時に血が付いてなければOK。




     ダッチオーブンから出します。

画像


     皮が柔らかいので、
          トングなどで慎重に。




      次にもうひと仕事
        「こんがり焼き色」を付けます。

画像


      250℃に設定した電子オーブン。
      約10分で小麦色です。 


画像


      ナイフとフォークで起用に取り分けます。
      (大好きなモモ部は子供2人に持ってかれた....)
      肉汁が「ほとばしる」ジューシー。

      中のチキンライスは説明が要りませんね
       
       この量は.....
        「一瞬」で消えてしまった。
       子供の成長と共に、
          来年は、スペシャルバージョンに
                        移行します。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック