ペレット燃料の違い。

静岡県の材木業者から配達されるペレット。
昨年あたりから需要過多?のせいか、在庫が乏しくなりがちです。



配達時期のタイミングによりますが..........
画像

色や硬さも変わってます。




写真左側のペレット。
画像

色が濃いのが分かります。
油分が多い「赤木」が混入している可能性があります。
硬く、火力も強いのが特徴。






写真右側のペレット。
画像

色合いが白っぽく、柔らかい。
ほとんどが「白木」で形成されていると推測できます。
火力は弱く、焼却も早い。





購入先は Kg (キログラム)単位での販売ですので、
どちらも価格は同じ。
画像

結論的に、写真左の「色が濃い」ほうが燃焼効率=コストパフォーマンスが良い。

残念ながら.......
現時点ではペレット色でのオーダーは不可能。

販売店によっては成型されている材料によって、値段が違うケースもあります。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック